アプリのファイルサイズ上限の変更によりiOSアプリがもっとリッチになる!|MacFan

Command+Eye

QuickLook

アプリのファイルサイズ上限の変更によりiOSアプリがもっとリッチになる!

文●編集部

アップルは2月12日(現地時間)、開発者向けのWEBサイト「Apple Developer」で、iTunesコネクト経由でアップストアにアップロードできるiOSアプリ容量の制限を、今までの2GBから4GBへと2倍に引き上げることを発表した。

アプリのファイルサイズ上限の変更によりiOSアプリがもっとリッチになる!

アップルは2月12日(現地時間)、開発者向けのWEBサイト「Apple Developer」で、iTunesコネクト経由でアップストアにアップロードできるiOSアプリ容量の制限を、今までの2GBから4GBへと2倍に引き上げることを発表した。制限容量の見直しは、アップストアがスタートして以来初めてのことで、2012年の段階でアプリの容量制限を4GBに引き上げていたアンドロイド陣営とようやく肩を並べる形となった。

アップルはこれについて「よりリッチなユーザ体験を提供できる」と伝えている。具体的に言うと、サイズが大きい動画や解像度の高い画像を使用したアプリをリリースすることができ、近年のディスプレイの大型化に合わせて、ユーザの需要に応えられるようになったということだ。また、今後は豊富なグラフィックや音楽を駆使したゲームアプリなどの登場が期待されるだろう。

ただし、携帯電話網(3G/LTE)の配信サイズの制限は変わっていないため、100MB以上のアプリに関しては引き続きWi−Fi環境下でのダウンロードが求められるので注意が必要だ。

WEBサイト「Apple Developer」では、開発者向けのさまざまな情報が掲載されている。今回のリリースはこちらで発表された。

 



同カテゴリ記事一覧