便利技 他人事Tips

複数のファイルを一度に個別圧縮したい

文●編集部

ファインダの[ファイル]メニューには[XXXを圧縮]という項目があり、選択した項目をZIP形式で圧縮できる。このとき、複数のファイルを選択した状態だとまとめて1つの圧縮ファイルになるが、それぞれ個別の圧縮ファイルにしたいときは、1つずつ選択して圧縮操作を行わなければならない。複数のファイルを、一度の操作で個別圧縮することはできないだろうか。

例えば、ファインダ上で4つのファイルを選択し、[ファイル]メニューから「4項目を圧縮」を選ぶとまとめて1つのZIPファイルが出来上がる。[ファイル]メニューの代わりに、副ボタン(または[コントロール]キー+クリック)でコンテキストメニューを開いて実行することも可能だ。

tips120530_11.jpg
しかし、1つずつが大きなファイルで、それぞれ圧縮ファイルにしたいときは、ひとつずつ選択して操作を繰り返すのは面倒だ。そんなとき、「アーカイブユーティリティ」という標準ソフトを使うことで一度に個別圧縮することができる。


アーカイブユーティリティとは、Mac OS Xに標準で備わっている、圧縮を司るソフトだ。普段表に出てくることはないが、単独のソフトウェアとしてシステムフォルダの奥に存在している。

tips120530_12.jpg
アーカイブユーティリティがあるのは[システム]→[ライブラリ]→[CoreServices]フォルダの中。

tips120530_13.jpg tips120530_13_2.jpg
これをドックにドラッグして登録し、複数ファイルをドラッグ&ドロップすると、それぞれのファイルが個別の圧縮ファイルになる。

tips120530_14.jpg
ただし、初期設定のままでは「cpgz」というファイル形式で圧縮されてしまう。先にアーカイブユーティリティを起動して[アーカイブユーティリティ]メニューから[環境設定]を開き、[アーカイブのフォーマット]を「Zip アーカイブ」に変更しておこう。



おすすめの記事一覧