便利技 他人事Tips

無線LANの通信が不安定なときの対処法

文●編集部

無線LANの通信速度が遅い、通信が途中で途切れるといった問題は電波が弱い場所でMacを利用した際に起こりがちなトラブルだ。とはいっても、電波は目に見えないので強弱を確認するのは難しい。ライオンで無線LANの電波の状態を確認するにはどうしたらよいだろうか?

ライオンから新しく搭載された「Wi-Fi診断」というツールを利用すると、Macとアクセスポイント間の無線の通信状況をグラフで確認することができる。本来はネットワーク診断のレポートを作成して、サポート用として使用するためのツールであるため、ユーティリティフォルダとは別に[システム]→[ライブラリ]→[CoreServices]フォルダに、「Wi-Fi診断.app」という名前で保存されている。

このツールを実行し「パフォーマンスを監視」を選択すると、無線LANの電波強度やノイズをグラフ化してリアルタイムに表示/記録できる。



グラフで信号が弱かったり、ノイズが強かったりした場合は、Macを利用する場所を変えてみたり、ノイズの発生源(電子レンジなど)の機器の使用をやめるなどの対応をしてみよう。



おすすめの記事一覧