便利技 他人事Tips

意外と知らないiPhoneの入力技

文●編集部

iPhoneの文字入力に使用するソフトウェアキーボードにはいろいろと隠れた入力技がある。ちょっとした工夫でiPhoneでの入力をさらに快適にしてみよう。

入力モードの切り替えを素早く行う

まず日本語入力時、入力モードの切り替えには地球のマークをタップするが、複数の入力モードをオンにしている場合、目的の入力モードを呼び出すのに何度かタップしないといけないのが面倒だ。

tips110427_01.PNG
そんなとき、地球マークを長押しすると設定しているキーボードの一覧が表示され、直接キーボードを選択できるようになる。


特殊な記号を呼び出す

tips110427_02.PNG
記号を入力したいときは「きごう」で変換するといろいろな記号が変換候補に表示され、選択することができる。しかし一部の記号は変換候補に出てこない。

tips110427_03.PNG
そこでテンキー入力で数字入力モードにし、〒(8をフリック)で変換候補を表示すると、記号で出てこない一部の記号を呼び出すことができる。ゆきだるまマークなどお天気マークはここから呼び出そう。

手書き入力モードを利用


tips110427_04.PNG tips110427_05.PNG
もう1つ、[設定]アイコンをタップして、[一般]→[キーボード]から[新しいキーボードを追加]で「中国語-繁体字」(台湾などで使われている文字)の[手書き]を入れておくと、難しい漢字を手書きで呼び出せるようになる。ただし一部呼び出せないの漢字もあるので注意しよう。



おすすめの記事一覧