便利技 他人事Tips

液晶を開いたままノート型Macをクラムシェルモードで利用する

文●編集部

ノート型Macの液晶を閉じたまま、外部ディスプレイやキーボード、マウスを接続して運用する「クラムシェル(リッドクローズド)モード」は非常に便利だ。このモードを利用する場合、基本的には液晶を閉じておく必要があるのだが、ちょっとした小技を使うことで液晶を開いたまま利用することができる。

ノート型Macでは基本的にフタの開閉の判定はパームレスト部分とフタ(液晶)側にある磁石によるセンサで行われている。つまり、フタを開けた状態でもパームレスト部分の特定の箇所に磁石を置くことで、液晶を開いたままクラムシェルモードで運用ができるのだ。

ただし、磁石を置く場所は機種によって異なる。とはいっても位置はパームレスト部分に特定されているので、見つけるのはむずかしくない。

ノート型Macはフタを開けて利用することが前提になっているので、長時間クラムシェルモードを利用すると、熱により動作が不安定になることがある。このテクニックをを使えば、これで放熱などが気になる場合でも便利に運用することができるというわけだ。



おすすめの記事一覧