便利技 他人事Tips

MacBookを無線LANアクセスポイントとして活用

文●編集部

出張先のホテルや仕事場などの無線LAN環境がない場所で、iPhoneやiPodタッチを無線LANに接続して使いたいという場合もあるだろう。そんな時には、有線LANにつながっているMacBookがあれば、無線LANアクセスポイントの代わりになってくれるのだ。

特別なソフトやハードは必要なく、Mac OS Xの「システム環境設定」に標準搭載されている機能を使って手軽に実現できるので、覚えておくと便利だろう。友人同士の集まりなどで、インターネット回線が1つしかない場合に、回線を共有する方法としても有効だ。


【設定方法】
1.インターネット接続の確保
MacBookなどを有線LANにつなぎ、WEBサイトなどが閲覧できる状態にしておく。

2.インターネット共有の経路の設定
システム環境設定の[共有]パネルのサービスリストから、[インターネット共有]を選択し、[共有する接続経路]に[Ethernet](有線LAN)、[相手のコンピュータが使用するポート]に[AirMac]を選ぼう。

tips090129_1.png

3.AirMacのセキュリティ設定
他人から勝手に利用されないよう、セキュリティ設定を行う。[AirMacオプション]をクリックし、以下のように設定しよう。まず、[ネットワーク名]には、ほかのマシンから接続する際にわかりやすいよう、任意の名前を設定する。そして[暗号化]にチェックを入れた後、[WEPキーの長さ]で[128ビット]を選び、英数字で13桁のパスワードを設定する。
 [WEPキーの長さ]は[40ビット](5桁のパスワード)も選択できるが、より安全を期するため、[128ビット]にしておくことをおすすめする。

tips090129_2.png

4.インターネット共有の開始
サービスリストの[インターネット共有]にチェックを入れ、確認ダイアログの[開始]ボタンを押すと、インターネット回線の共有が開始される。

tips090129_3.png

5.iPhone/iPodタッチからの接続
iPhoneやiPodタッチからは、[設定]パネルで[Wi-Fi]を選択すると、手順3で設定した名前のネットワークが表示されるはずなので、それを選択し、パスワードを入力すれば、無線LAN経由でインターネットに接続できるようになる。ほかのMacなどから接続する場合も手順は同じで、ネットワークを選んでパスワードを入力するだけだ。

tips090129_4.PNG



おすすめの記事一覧