アラカルト アップルのミカタ

グリーンハウス

高速・大容量で高品質 ゲームから家電まで幅広く安心して使えるフラッシュメモリ

今おすすめの最新プロダクトの魅力に迫る!

Macはもちろん、家電やIoTデバイス、ゲーム機など日常のあらゆるシーンで使われるようになったフラッシュメモリ。Mac、PCの黎明期からメモリ製品を取り扱うグリーンハウスの長谷川さん、小山さんにフラッシュメモリをめぐる現状、製品選びのポイントについてお聞きしました。

GH-SDC-ZAシリーズ/GH-SDM-ZAシリーズ

[発売]グリーンハウス[価格]オープンプライス
[URL]https://www.green-house.co.jp/pc/memorycard/

  • greenhouse_02.jpg

 

  • greenhouse_01.jpg

フラッシュメモリはパソコンの領域を超えて生活を支える必需品になりました

株式会社グリーンハウス
取締役兼執行役員
長谷川久明さん(右)

株式会社グリーンハウス
ストレージデバイス・ 液晶課 次長
小山徹郎さん(左)

 

 

ライフスタイルの変化とメモリ製品

MF●この数年のフラッシュメモリをめぐる市場動向に、何か変化はありますでしょうか?

長谷川●SDカードやマイクロSDカード、USBメモリを中心に、この3年の間フラッシュメモリの市場規模は拡大傾向にあります。それ以前はパソコンやデジタルカメラ向けの、比較的高価格帯の記録媒体というイメージがありましたが、台湾メーカー各社が進出したことで価格が下落し始めマーケットに広く行き渡ったという流れです。

MF●たしかに大手家電量販店はもちろん、コンビニエンスストアでも扱ってますね。現在の主流はやはり、スマートフォンなどモバイルデバイス向けのマイクロSDカードでしょうか。

長谷川●そうです。販売数としては8GBから32GBといったスタンダードな容量を持つ製品が多く出ていますが、一方でより高速なUHSスピードクラス1や、4K動画撮影に対応したUHSスピードクラス3のゾーンが伸びを見せています。昨年に関しては、「巣ごもり需要」でニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)などの家庭用ゲーム機での利用が増えたとも聞いています。今では、フラッシュメモリはパソコン周辺機器の枠を超えて、IoTやスマートテレビ、ドライブレコーダなどライフスタイル全般に関わる日用品になった印象があります。

 

高品質を求めるアップルユーザ

MF●アップルユーザ、特にMacユーザはフラッシュメモリを使うことが多いですが、こちらは現在どのような製品を求めている傾向がありますか。

小山●この数年で環境に配慮したエコパッケージとしたり、高性能であることがわかるデザインを採用するなどの施策を打ちましたが、Macユーザは比較的より良い品質を求めて高級なモデルを購入される方が多い印象です。実際に、弊社でも性能を左右するNANDフラッシュメモリやコントロールICは世界シェアトップのメーカーのものを用いてますし、厳重なクオリティチェックを実施しています。

MF●古くからのMacユーザほど、メモリの品質にこだわりますからね。その点、グリーンハウスさんの製品は長年の実績があるので、信頼しているユーザも多いと思います。フラッシュメモリを選ぶ際のポイントなどはありますか?

小山●NANDフラッシュメモリの微細化が進んだことで、近年はQLC(クアッドレベルセル)の製品も登場しています。しかし、コントローラの性能が良くないと、大容量化と引き換えに耐久性や書き込み速度が下がる傾向があります。そのため、ユーザの皆さまにはなるべく高品質な性能をお選びいただきたいですし、用途によっては比較的バランスのよいTLC(トリプルレベルセル)、より高い信頼性を求めるならMLC(マルチレベルセル)を選択するなど、シーンごとに使い分けることをおすすめします。

MF●インターフェイスについてはいかがでしょう。

小山●弊社ではUSB−C対応製品も多く販売しています。たとえばNVMe M・2のSSDに対応した外付けドライブケースやUSBメモリなどは、現行のMacシリーズやiPadプロ/エアにもマッチします。今後USB−Cと同じコネクタ形状でさらに広帯域なUSB 4製品が普及すれば、この分野はもっと盛り上がりを見せるかもしれませんね。

長谷川●アップル好きな皆さんがクオリティの高い製品を求めるのは、大切な思い出や重要なデータを安全に保存したいという気持ちの表れだと思います。生活のさまざまなシーンで使われるようになったフラッシュメモリは、安心・安全・高品質のものをお選びください。

 

SDカードをスピードで選ぶ

  • greenhouse_03.jpg

書き込みが77MB/sの製品も!

SDカードはカード規格によるサイズの違いやデータ保存容量とは別に、「スピードクラス」というデータ書き込みの最低保証速度があります。用途に合わせて最適な製品を選びましょう。

 

クラス1製品はフルHD用途に最適

  • greenhouse_04.jpg

多くのシーンで活躍!

「UHSスピードクラス1」はデータ書き込みが10MB/s以上、汎用的に使えるパフォーマンスと価格のバランスが魅力です。フルHD解像度のビデオの書き込みにも十分対応できます。

 

ハイエンド向けはクラス3

  • greenhouse_05.jpg

パッケージもプロ好み!

デジタル一眼カメラの高速な連写や4Kビデオの取り扱いには書き込みが30MB/s以上の「UHSスピードクラス3」「ビデオスピードクラスV30」の製品が適しています。容量も512GBまでラインアップ。

 

生活に彩りをもたらす
グリーンハウスの豊富な製品ラインアップ

グリーンハウスではパソコン周辺機器のみならず、身の回りで役立つアイテムを多数取り揃えています。それらの中から、自宅での時間を充実させる製品をご紹介しましょう。たとえば、Macにもゲーム機にも使えるモバイルディスプレイ「GH-LCU16A-BK」、ビデオ会議や離れた家族とのFaceTime通話を顔色を明るく見せてくれるLEDリングライト「GH-CSL80B-BK」、自宅でも手軽に燻製体験ができる「GH-SMKB-SV」などもその一部。ライフスタイルにあったアイテムを見つけてみましょう。

  • greenhouse_06.jpg

USB-Cケーブル1本でMacと接続できる15.6インチのモバイルディスプレイ。HDMIでNintendo Switchとの接続にも対応。テレワークにもプライベートにも適した1台になっています。

 

  • greenhouse_08.jpg

3色の調色と10段階の調光が可能な高精度LEDリングライト。付属スタンドは最長124センチまでの高さ調節が可能です。ビデオ会議や小物の撮影などさまざまなシチュエーションに活用できます。

 

  • greenhouse_07.jpg

食卓で手軽に燻製が楽しめる小型フードスモーカー。乾電池駆動で場所をとらないため気軽にアウトドアに持ち出すこともできます。付属のレシピブックを参考に、いつものおつまみにひと味加えてみてはいかがでしょう。