便利技 他人事Tips

iPhoneの下取り・修理前にしておくべきこと

文●今淳一

iPhoneを下取り・修理に出す前に、必ずやっておくべきことを覚えておきましょう。

iPhoneの紛失・盗難時に役立つ「iPhoneを探す」という機能をご存知でしょうか。これを有効にしておくと、位置情報を頼りにiPhoneが今現在どこにあるのかがわかるので、どこでなくしたのかがわかります。もしもの時のために遠隔でiPhoneの中身を消去することもできて安心です。

さらに、この機能が有効になっているとiPhoneにはアクティベーションロックがかかり、初期化やデバイスの復元を行おうとしてもそのiPhoneに紐づいたApple IDによるサインインが必要になります。これによって、盗難されても「使えないiPhone」となるわけですが、下取りに出したいとき、あるいは譲渡するとき、また修理に出すときも場合によってこの機能が仇になることがあるのです。

そういったタイミングで手間取らないように、「iPhoneを探す」のオン/オフを切り替える手順を把握しておきましょう。



「設定」アプリを起動し、Apple IDの設定に移動します。続いて[探す]という項目をタップ。



ここで[iPhoneを探す]がオンになっていたらさらにタップして移動し、設定をオフにしましょう。



すでにiPhoneが手元にない場合はiCloudからオフにすることも可能です。WEBブラウザからiCloudにアクセスし、[iPhoneを探す]に移動。続いて該当のデバイスを選択して「アカウントから削除」をクリックしましょう。ただしこの機能は、対象のiPhoneがオフライン(電源が切れている・ネットに接続されていない)状態でないと使えません。



おすすめの記事一覧