プロダクト&リリース iPhone/iPadアプリ

救急車を呼びながら周囲に助けを求める

文●早川厚志

緊急時に、119番通報しながら救命知識のある人に助けを求めることができます。

急病や事故などで人命が危ういときは、一刻も早く救急車を要請するとともに、胸骨圧迫(心臓マッサージ)やAED(自動体外式除細動器)などで心肺蘇生を行うことが重要です。

いざというとき、医療資格者や救命訓練の経験がある人でないと、 心肺蘇生やAEDによる電気ショックを行うのは難しいですよね。

 

Coaido119 緊急SOSとAEDマップで応急手当

【開発】Coaido Inc.
【価格】無料
【カテゴリ】App Store>メディカル

  •     

  •     
  •  

 

「Coaido119」は、目の前で家族が倒れたり、交通事故などで意識を失ったとき、119番通報で救急車を呼びながら、周囲にいる医療資格者や救命講習受講者などに助けを求めることができるアプリです。

発生現場の情報をマップ、映像、音声で伝えたり、チャットでやりとりすることも可能です。また、近くのAED設置施設をマップで確認したり、アプリと連動してAED設置施設に自動で電話をかける「AEDエリアコール」にも対応。もしものときのためにインストールしておくことをおすすめします。