便利技 他人事Tips

「マップ」アプリで空から世界を見てみよう

文●今淳一

iPhoneの「マップ」アプリには、世界の主要都市や観光地を3D表示して空から眺められる「Flyover」という機能があります。

なかなか旅には出難い昨今。仕方のないことではあるのですが、旅好きな人からすれば、ずっと家にいるというのは辛いものがあるでしょう。
そんなときには気分だけでも旅行に!ということで、iPhoneの「マップ」アプリを開いて、「Flyover」という機能を試して見ましょう。対応している都市に限りはありますが、航空写真を使ってちょっとした「観光ツアー」が楽しめます。




「マップ」アプリを開いたら、右上の[i]アイコンから設定を呼び出し、表示を[マップ]または[航空写真]に切り替えましょう。



地図を縮小すると、都市名に小さく[3D]と表示されているところがあると思います。これがFlyoverに対応している都市です。



試しに名古屋でFlyoverをしてみました。都市上空を自由に動き回れますし、[都市のツアーを開始]することで、自動で各所を見て回ることもできます。ほんの数分ですが、なんとなく上空から観光したような気分になれるでしょう。



試しに、札幌、東京、大阪の名所を回ってみました。世界の都市にも対応していますので、ぜひいろいろな街を覗いてみてください。



おすすめの記事一覧