便利技 他人事Tips

「マップ」アプリで現在地や移動先の天気を調べる方法

文●今淳一

iPhoneの「マップ」アプリでは、現在地はもちろん「マップ」上に表示している地域の天気を確認することができます。

お出かけ前に天気予報をチェックするのはとても大切ですよね。遠出をするなら尚更で、場合によっては着るものを変えたり、雨が降るなら傘も必要です。今回はiPhoneの「マップ」アプリを使って、現在地、そして「マップ」で表示した地域の天気を調べる方法を解説します。目的地へのアクセス方法や道順などを確認しながら天気も確認できる、スムースな体験をしてみましょう。



「マップ」アプリを開くと、画面右下に天気のアイコンと気温が表示されます。これはそのときに表示している地域の気象情報です。これを長押してみましょう。すると、このように一時間ごとの予報が表示されます。ちなみに、この画面をタップすれば「天気」アプリに移動でき、より詳しい情報を確認することが可能です。

現在地を表示して素早く天気をチェックするのも便利ですが、行き先をマップで確認したとき、そのまま現地の天気を調べられるのがとても便利。ルートを確認するついでに見ておくといった使い方ができます。



また、海外であってもリアルタイムで天気の確認が可能です。たとえば、海外旅行に行く予定だが現地はどんな気温なのか、どこそこに記録的な大寒波が来たらしいがどのくらいなのか、海外在住の知人の環境はどうなのか、などなどさまざまな使い方ができるでしょう。



おすすめの記事一覧