便利技 他人事Tips

「Appライブラリ」でホーム画面をスッキリさせよう

文●今淳一

iOS 14で導入された「Appライブラリ」機能を使えば、iPhoneのホーム画面を簡単に整理できます。

これまで、iPhoneにインストールしたアプリはすべてホーム画面上で管理する必要がありました。アプリをフォルダにまとめることはできますが、それでもアプリが増えていくにつれホーム画面を何度もスワイプしなければ目的のアプリにたどり着けなくなり、ちょっと面倒…と思っている人も多いでしょう。しかし、iOS 14からの新機能「Appライブラリ」を使えば、ホーム画面をグッとスッキリ管理することが可能です。



まずは「設定」アプリの[ホーム画面]をタップ。アプリの管理に関する情報が表示されます。ここで[新規ダウンロードAPP]を[Appライブラリのみ]にしてみましょう。すると、以後ダウンロードするアプリはホーム画面に追加されず、Appライブラリにのみ表示されるようになります。ちなみに、すでにダウンロードしているアプリに対して削除する操作を行うと、表示されるメニューに[Appを削除]に加えて[ホーム画面から取り除く]という選択肢が現れます。ここで[ホーム画面から取り除く]を選ぶと、アプリをAppライブラリには残したままホーム画面から取り除くことが可能です。



とここまで説明してきましたが、Appライブラリとはそもそも何かというと、ホーム画面を最右端までスワイプすることでアクセスできるアプリが集約されたページのことです。ここでは、アプリがジャンルごとや最近追加した項目などに自動で分類され、画面上部の検索バーから検索も行えます。
つまり、iOS 14からはアプリの置き場所がホーム画面とAppライブラリの2つから選べる(あるいはどちらにも置ける)ようになったということなのです。これにより、ホーム画面はスッキリさせて一部のアプリは必要なときだけAppライブラリから呼び出す、という運用が可能になりました。



また、ホーム画面の編集中に画面下に表示されるドットが並んでいる部分(ページネーション)をタップすると、ホーム画面のページ単位で表示・非表示の切り替えが行えます。



おすすめの記事一覧