その他 iTeachers TV

【Vol.232】梅澤 俊秀 先生(千葉明徳中学校・高等学校)後編:iTeachersTV ~教育ICTの実践者たち~

教育ICTを通じて「新しい学び」を提案する教育者チーム "iTeachers"がお届けする教育ICT実践プレゼンテーション。

教育ICT実践プレゼンテーション、今回のスピーカーは千葉明徳中学校・高等学校の梅澤 俊秀先生。プレゼンタイトルは『iPad導入から3年 ~ICT活用によって学校はどう変わったか~』(後編)です。

【タイムコード】
00:00 オープニング
01:34 教育ICT実践プレゼンテーション 『iPad導入から3年 ~ICT活用によって学校はどう変わったか~』 梅澤 俊秀 先生(千葉明徳中学校・高等学校)
10:36教育ICTなんでも3ミニッツ 『コロナに負けない 3STEPオンライン授業②』 講師:平井 聡一郎 先生(情報通信総合研究所)
14:18 エンディング
15:37 協賛メディアのご紹介

<教育ICT実践プレゼンテーション>

■ ゲストスピーカー
梅澤 俊秀 先生 (うめざわ としひで)
千葉明徳中学校・高等学校 副校長
1979年、千葉明徳高等学校に奉職。社会科の教師として教師生活を送る。2011年に教頭を拝命。その後副校長として中高の仕事に携わる。2016年に学内にICT推進委員会を立ち上げ、現在に至るまで導入と指導、実践に取り組む。iPhoneやiPadは日本で発表された当時から使用している。

■ プレゼン概要
『iPad導入から3年 ~ICT活用によって学校はどう変わったか~』(後編)
ICT導入を進める際に使い方のルールという問題が起こる場合があります。指導が強すぎると、ICT活用は限定的なものになり意味のないものになってしまいがちです。導入校ではICTに取り組まない教師の存在もしばしば話題となります。導入にあたっての合意形成の過程を通して、教師自身に自己変革を促すことも可能です。また、本校では約3か月にわたってオンライン授業を実施してきました。教師全員がオンライン授業に取り組むことによって、様々な問題を一定程度解決できたことは学校にとって大きな収穫だったと考えています。

<教育ICTなんでも3ミニッツ>

『コロナに負けない 3STEPオンライン授業②』
講師:平井 聡一郎 先生(情報通信総合研究所)
茨城県の公立小、中学校で22年間、市町及び県教委で指導主事として11年間勤務する。古河市教育委員会参事兼指導課長を最後に公務員を退職し、現職。併せて、文科省、総務省の教育ICTに関わる委員を歴任。現在、全国各地でICT機器活用による教育改革に取り組み、特に小学校でのプログラミングの普及に多くの実践を重ねている。教材やITシステムの開発を担当。現在では、iPhoneやiPadを使った学生とのインタラクティブな授業を実践。

<番組提供>
・ iTeachers:教育 ICT を通じて「新しい学び」を提案する教育者チーム https://www.iteachers.jp
・ NPO法人 iTeachers Academy:“新しい学び”を担う次世代の先生を育てる https://www.iteachers-ac.org