アラカルト アップルのミカタ

フォーカルポイント

テレワークに最適なマルチディスプレイ環境をMacBookシリーズで構築

文●栗原亮

アップルのミカタ
今おすすめの最新プロダクトの魅力に迫る!

テレワークが加速する中、MacBookシリーズを使った在宅環境においても外部機器の充実が望まれています。フォーカルポイントはこのニーズに応え、トリプルディスプレイ出力に対応したマルチドッキングステーションの販売を開始しました。

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK TB4

[発売]フォーカルポイント [価格]オープンプライス(直販価格:9680円)
[URL]https://shop.focal.co.jp/product/tunewear-almighty-dock-tb4/
[インターフェイス]Thunderbolt 3×2
[ポート] HDMI×2、USB-C 3.0(PD最大60W)、USB-A、SD、Micro SD、Gigabit Ethernet
[サイズ]約126.9(W)×32.0(H)×10.0(D)mm [重量]約53.5g

  • mikata03_01.jpg

 

4Kディスプレイを2台同時に接続可能

MF●新発売の「ALMIGHTY DOCK TB4(以下、TB4)」は、併売中の前モデル「TB3」と比べ、映像出力が2系統に増えています。これはマルチディスプレイの需要が増加しているからでしょうか?

田中●今回ニーズの調査を兼ねてクラウドファンディングで支援者を募ったところ、開始から10日程度で目標数を達成できました。テレワーク需要が拡大して、片方の画面でチャットやビデオ会議をしながら、もう片方の画面で作業や資料を見たりする使い方が増えているようです。「TB4」は、サンダーボルト3の高速な2つのポートを活かして、HDMI出力が2系統4Kで同時に出せるのが大きな特徴です。

MF●映像出力を考えると、すでにアップルが規格化し実装されているミニディスプレイポート(Mini DisplayPort)などもありますが、「TB4」ではあえてHDMIを2つ搭載した理由をお聞かせください。

田中●現在、4K解像度に対応したHDMIディスプレイの低価格化が進んでいます。特に解像度を問わなければ小型ディスプレイは非常に手頃な価格帯で手に入るようになりました。サブ、トリプルと画面を増やして、作業効率を上げるのには、現状ではHDMIがもっとも適したポートだと判断しました。

  • mikata03_06.jpg

ビデオ会議や配信で「複数のディスプレイをもっと簡単に」というコンセプトです

フォーカルポイント株式会社 マーケティング部
田中大士さん

 

HDMIは2つとも60ヘルツに対応!

MF●TB3からの変更点や、ポイントとなる点をもう少し詳しく教えてください。

田中●まず、ポートの種類が異なります。TB4には、2つのHDMI、USB−C、USBタイプA、SDカード、マイクロSDカード、イーサネットの計6種類、合計7つのポートが搭載されており、MacBookプロ/エアのインターフェイスを拡張できます。TB3との一番大きな違いはHDMIが2つに増えたことですが、その代わりにタイプAのポートが1つ削られています。また、TB3はサンダーボルト・パススルーポートを備えていましたが、TB4ではUSB−C3.0ポートとなっています。

MF●HDMI出力は一般的な仕様ですか?

田中●よくあるハブ経由のHDMI出力では、4K解像度が出せてもリフレッシュレートが30ヘルツに制約されることが多いです。しかし、TB4では1系統が60ヘルツ、もう1系統が15インチまたは16インチのMacBookプロに限り60ヘルツに対応します(13インチでは30ヘルツ)。また1つ目のHDMIはHDRに対応しているので、より高輝度な画像を出力できる特殊な仕様です。

MF●TB4はケーブルがない、一体型のデザインを採用していますが、MacBookプロの右側のポートに取り付ることは可能ですか?

田中●表裏どちらでも接続でき、用途に合わせて4パターンの挿し方ができるようになっています。接続に関しても細かく検証しており、MacBookシリーズへの挿し込み・取り外しもスムースに行えます。

MF●「ALMIGHTY DOCK」はデビュー以来ヒット商品となり、すでに「TB」シリーズを所有している人も多いかと思いますが、どのようなユーザに買い換えをおすすめしたいですか?

田中●リモートワークなどでビデオ会議の機会が増えたビジネスユーザや、複数のディスプレイで作業するクリエイターの方におすすめします。また、2017年以前のMacから買い換えをされた方にもおすすめです。実は、2018年の夏モデル以降、サンダーボルト3のピッチが変わっているので、古い2本挿しのハブは互換性がない場合があります。TBシリーズの良いところはその一体感ですので、MacBookと調和するハブをお探しの方すべてに、一度お手に取っていただければと思います。

 

高輝度HDRサポートも含む2つのHDMIに対応

  • mikata03_02_02.jpg

トリプル表示を手軽に実現

2系統のHDMI出力により、MacBookと2台の外部ディスプレイのトリプル表示が可能。作業ごとに画面を振り分けて仕事の効率化を実現します。

 

  • mikata03_02_01.jpg

クラムシェルモードにも対応しています。

 

カラーはMacに合う2種類

  • mikata03_03.jpg

デュアルHDMI 4K/60Hz対応

TB4は一体型ボディでカラーバリエーションはスペースグレイとシルバーの2色展開。HDR対応HDMIポートは、iPhone 12 Pro等で撮影できるHDR 4K/60p動画も再生可能です

 

ALMIGHTY DOCKの歴史

  • mikata03_04.jpg

最新MacBookに対応

「ALMIGHTY DOCK」はケーブル接続のCシリーズからMacBook Pro/Airのポート一体化デザインのTBシリーズへと進化。現行モデルは「TB3」か「TB4」のいずれかを選びます。

 

クラウドファンディングは大盛況!
開始2日で目標サクセス!

「TUNEMAX 66W GaN」は1ポート最大65W、3ポート総合66W同時出力の電源アダプタ。サイズはAirPods Proの充電ケースより一回り大きい53mm角と非常にコンパクトです。ボディは小さくてもUSB-Cを2ポート、タイプAを1ポートの合計3ポートを搭載。「スマート電力配分機能」で接続している機器に合わせ、その都度電力の分配を変えてくれます。

  • mikata03_05.jpg

最大出力65W、3ポートを用い、iPhone、AirPods Pro、13インチのMacBook ProまたはMacBook Airなら同時充電が可能です。【URL】https://shop.focal.co.jp/product/tunemax-66w-gan/