便利技 他人事Tips

iPhoneで動画を“ながら見”しよう

文●今淳一

iOS 14からは、動画を再生しながらほかのアプリを起動できる「ピクチャ・イン・ピクチャ」の機能が使えるようになりました。

iPad OSでは以前から使えていた「ピクチャ・イン・ピクチャ」。これは、再生中の動画をミニプレーヤで画面に表示し、ほかのアプリを開いても動画の再生を続けられるという機能です。iOS 14から、この機能がiPhoneでも使えるようになりました。たとえばFaceTimeでビデオ通話をしているとき、ビデオ通話しながらリアルタイムに調べ物や予定の確認をすることができます。

今回は、WEB記事に挿入された動画を再生しながら記事を読むといった想定で、「ピクチャ・イン・ピクチャ」の使い方の流れを見ていきましょう。



本題に入る前に、まずは設定から。「設定」アプリの[一般]→[ピクチャ・イン・ピクチャ]と移動し、「ピクチャ・イン・ピクチャ」機能が自動的に動作する設定になっているか確認しましょう。



使い方は簡単です。WEB記事に挿入されている動画を再生し、上部にある「ピクチャ・イン・ピクチャ」アイコンをタップ。すると動画再生画面がミニプレーヤとなり、閲覧していた記事に自動で戻ります。



このミニプレーヤは画面の四隅に移動させることが可能です。そのままホーム画面に遷移しても再生は続きますが、画面下部で動画再生をしている場合はDockの上に移動されます。



おすすめの記事一覧