便利技 他人事Tips

電話の相手をSiriに読み上げてもらおう

文●今淳一

誰から電話がかかってきたのか、連絡先に登録されている相手であれば、Siriに名前を読み上げてもらうことができます。

着信の際、特にイヤフォンを付けていてそこから電話を受ける時は、iPhoneの画面を見ないので、誰から電話がかかってきたか判別できないことがあります。相手によっては後でかけ直したいこともあるでしょう。そんなときに役立つのが、かけてきた相手の名前をSiriに読み上げてもらう機能です。



「設定」アプリから[電話]→[音声で知らせる]と移動した先に設定があります。ここで[常に知らせる][ヘッドフォンと自動車][ヘッドフォンのみ]のいずれかを選択すれば、かけてきた相手が連絡先に登録されている場合、Siriが名前を読み上げてくれます。

なお、[常に知らせる]を有効にしていると、イヤフォンが接続されていない場合はiPhone本体のスピーカから読み上げ音声が聞こえるようになります。場合によっては周囲にまで誰からかかってきたのかがわかってしまうため、注意しましょう。そのため、基本的には[ヘッドフォンと自動車]ないし[ヘッドフォンのみ]に設定しておくのをオススメします。



また、このようにFaceTimeオーディオだとか、SNSの通話サービスから着信があった場合には、どのサービスを使ってかけてきているのかも、あわせて読み上げてくれます。ハンズフリー通話の際には役立つ設定なので、ぜひ覚えておきましょう。
 



おすすめの記事一覧