便利技 他人事Tips

「位置情報」を“ロック”する

文●今淳一

iPhoneアプリに使用される「位置情報」。慎重に扱いたいこの情報を、不要なシーンでうっかり利用許可しないための設定があります。

iPhoneのアプリには、「位置情報」を利用するものが多数存在します。便利な面も多々ありますが、利用の仕方によっては、その日そのとき、自分がどの場所にいたかなど、行動が筒抜けになる危険も潜んでいます。

iPhoneの場合、アプリ使用時に位置情報の利用許可確認が画面に表示されるため、勝手に位置情報を取得されていた、ということは基本的にありません。しかし、誤って利用許可してしまった、ということもあるでしょう。このような誤操作は、位置情報の利用設定をロック、つまり「位置情報に関する設定を、以後変更できないようにする」ことで防止できます。



「設定」アプリから[スクリーンタイム]→[コンテンツとプライバシーの制限]に移動します。



続いて[位置情報サービス]→[変更を許可しない]を選択しましょう。



このように、「設定」アプリ→[プライバシー]→[位置情報サービス]で設定を変更しようとしても、グレーアウトして変更できないようになりました。



試しに「マップ」アプリの位置情報の利用をオフにしてから“ロック”すると、通常であれば利用許可を求めるダイアログが現れる画面に何も表示されなくなりました。元に戻すには、設定時と同じようにスクリーンタイムから変更を許可するだけです。



おすすめの記事一覧