便利技 他人事Tips

iPhoneで通話中に使える便利機能

文●今淳一

iPhoneの「電話」アプリは、通話の際に使える便利な機能をいくつか備えています。基礎的な内容ですが、スマートな電話応対には必須の知識ですので、しっかり押さえておきましょう。

iPhoneはじめスマートフォンは、さまざまな機能を備えており、多種多様なアプリによって幅広い用途で活用できます。しかし、「携帯電話」というだけあり、電話についての機能も便利なものが一通り揃っています。電話会社によるサービスの申し込みなどが必要な機能もありますが、ごく共通的なものでも覚えておくと役立つ機会は多いです。



まずは消音機能。電話中に[消音]アイコンをタップすると、こちらの音声が電話先に届かなくなります。相手の音声は聞き続けることが可能です。また、[消音]アイコンを長押しすると[保留]になり、電話先に保留音が流れます。場面によって使い分けましょう。



そして、[オーディオ]もしくは[スピーカー]のアイコンをタップすると、周囲にも電話先の音声が聞こえるハンズフリーのスピーカフォンに変更できます。
ちなみに、アイコンは通常だと[スピーカー]、Macを含む接続可能な機器が近くにある場合は[オーディオ]と表示されます。[オーディオ]をタップした場合、接続可能な機器の一覧が表示され、そこから[スピーカー]を選択すればスピーカフォンに切り替えることが可能です。



そして[キーパッド]。電話で問い合わせたときの自動応答などで、番号を入力する機会もあると思いますが、そういうときにはこの[キーパッド]アイコンをタップして入力しましょう。

基礎的な知識ですが、うまく使うことで電話相手に与える印象が大きく変えられたり、「電話」の活用幅も広げることができます。積極的に使用していきましょう。



おすすめの記事一覧