便利技 他人事Tips

「Live Photos」をビデオに変換する方法

文●今淳一

iPhoneのカメラで撮影できる「Live Photos」。このデータはビデオに変換することが可能です。Live Photosに対応していない端末を使用している相手にもデータ共有が行えるようになるので、ぜひ覚えておきましょう。

より良いカットをキー写真として選べたり、ちょっとしたエフェクトをつけたりして、普通の写真にはない面白さがあるLive Photos。このLive Photosは、シャッターが切れる前後3秒間ほどを映像で見ることが可能です。今回は、このLive Photosをビデオとして保存する方法を解説します。



ビデオとして保存したいLive Photosを開き、左下の[共有]アイコンからメニューを呼び出しましょう。スクロールしていくと[ビデオとして保存]という項目があるので、これをタップするだけで、「写真」アプリの中にビデオとして保存されます。



左がLive Photosの状態、右がビデオとして保存した状態です。送りたい相手がLive Photosに対応してない端末を使用していても、これなら動画として共有できます。ぜひご活用ください。



おすすめの記事一覧