便利技 他人事Tips

複数のiPhoneアプリをまとめて最新版にアップデートする

文●今淳一

最新版がリリースされているアプリを一覧し、手動でまとめてアップデートする方法があります。任意のタイミングでアプリをアップデートしたい方にオススメのTipsです。

設定にもよりますが、アプリの自動アップデートが有効になっていれば、基本的に放っておいてもiPhoneのアプリは最新版に更新されます。非常に便利な機能ですが、アプリを起動したときに「最新版に更新してください」と促されてしまうことがあるでしょう。これは自動更新につきもののタイムラグが原因です。

また、自動ではなく任意のタイミングでアップデートを行いたい方もいるのではないでしょうか。そんな方や、更新を促されたらすぐにアップデートしたい方に覚えておいていただきたいのが、手動でのアプリアップデート方法です。



まず「App Store」アプリを起動し、画面右上に小さく表示されている自分のアイコンをタップしましょう。すると[アカウント]が表示されます。この画面で下にスワイプすることで、最新のアプリ更新情報を閲覧することが可能です。



今回は、更新前と比べて、アップデート予定のアプリの数が10個から23個に増えました。[すべてをアップデート]を選択すれば、まとめて最新版にアップデートできます。もちろん、個別にアップデートも可能です。

日頃は4G/LTE回線の利用が主で、Wi-Fiネットワークを使うのは限られたときのみ、というような方は、アプリがアップデートされずに溜まってしまっていることも多いはずです。ぜひこの方法を試してみてください。
 



おすすめの記事一覧