[PR]SPECIAL

オウルテックのTWS(トゥルーワイヤレスステレオ)新製品 先行レビュー!

PCパーツやスマホアクセサリーメーカーとして知られるオウルテックですが、近年力を入れているのがTWS(完全ワイヤレスイヤフォン)です。性能とコスパを追求しながら品質にも定評のある国内メーカーの最新イヤフォンを紹介します!

利用シーンによって使い分け! 小岩井ことり共同開発の新時代TWS

KPro01

ラグジュアリーなデザインにパーツメーカーの技術が詰まっています

完全ワイヤレスでありながら有線でも使えるという、オウルテックが提案する新コンセプトのワイヤレスイヤフォンが「KPro01」です。オーディオ関連の分野でも活躍する声優の小岩井ことりさんをプロジェクトメンバーに迎え、いままさに話題のモデルです。

まず特徴的なのは、高級感ある筐体デザイン。プロが使うモニターイヤフォンのような形状に加えて、ブルーのシースルー素材(レジン製)で宝石のような見た目が所有欲を満たします。表面のカッティング加工のような質感が手によく馴染み、内側は優しいラウンド形状で耳への装着感も抜群です。

PCパーツメーカーならではの高い技術と品質へのこだわりも持ち味。チップセットにはクアルコム製SoC「QCC3020」を採用し、アンテナ設計を工夫することで高い接続性を実現しています。また、イヤフォンの表面にはタッチパネルが搭載され、再生や停止、電源のオン・オフ操作が可能です。

 

新発想の2Way構造を採用音ゲープレイ時の音声遅延も防止します

ワイヤレスでも十分な性能を有しながら、付属のケーブルと接続することで有線イヤフォンとしても利用可能。ケーブルは「USB-C充電&有線接続ケーブル」と、通常のオーディオジャックに対応する「KPro01用シルバーケーブル」の2種類をラインナップ。特に動画視聴や音楽ゲームプレイ時の音声遅延などに効果を発揮するほか、USB-Cケーブル利用時は端末から給電されるため、イヤフォン本体の充電も可能です。

もちろん音質にもこだわり、特にボーカルを際立たせながら、クリアで奥行きのあるサウンドに仕上がっています。現在はクラウドファンディング「Makuake」にて購入を受付中。すでに目標金額を大幅に上回る反響を見せており、まさに今後が楽しみな注目の製品です。

 

完全ワイヤレスと有線の切り替え

  • sp01_02.jpg

完全ワイヤレスでありながら、カスタムイヤフォンではよく使われる2ピン端子も採用しています。付属のケーブルを端末とつなぐことで有線イヤフォンに切り替わります。

 

高い防水性能で日常使いに安心

  • sp01_03.jpg

本体にはナノコーティングが施され、高い防水性能を実現。ジョギングやジムなど水濡れが気になるシーンでも安心して使用できます。

 

小岩井ことりさんとの共同開発

  • sp01_04.jpg

オーディオマニアとしての顔を持つ声優の小岩井ことりさんが、オウルテック企画部の一員として開発に参加。本機のチューニングにも携わっています。

 

 

 

コスパ最高! 初めての方へのエントリーモデル

Samu-SE05

使いやすくて音もイイTWSデビューにおすすめの一台です

「Samu-SE05」は今春発売予定の新モデルです。第一印象はちょっと大きく感じますが、実はこれには秘密があります。それは、イヤフォン天面に大きく配置された物理ボタン。イヤフォンを着けながらボタン操作をする場合、ボタンが小さいと耳に押しつけるような痛みを感じてしまうことがありますが、本機はボタンが大きくて押し心地も軽やか。誤操作もなく、再生や停止、曲送りや音量操作などが快適に行えます。

オウルテックイヤフォンの特長であるペアリングのスムースさもしっかりと継承。一度設定しておけば、以降は充電ケースから取り出すだけでイヤフォンと端末が自動接続。すぐに使い始められます。

気になる音の傾向ですが、低域から高域までバランスのよいナチュラルなサウンドを楽しめるようにチューニングされており、クセのない聴き心地。若者にも合う優しい音なので、EDMやJ-POP、アニソンなどにもマッチします。

この内容で5000円台という超コスパイヤフォン。TWSデビューにぜひ検討を!

 

ケースがユニークで機能的 !

  • sp01_05.jpg

コンパクトで形状もユニークな充電クレードルは、紐やカラビナを通して鞄などに着けてもOK。クレードル併用で最大22時間まで使用可能です。

 

耳にフィットする形状

  • sp01_06.jpg

ハウジングはモニターイヤフォンのような形状に設計され、フィット感は上々。小型・薄型の付属イヤーピースは耳への収まりもよく、負担も少ないので長時間使っていても疲れません。

 

 

 

高品質かつ安全なSamuシリーズ。その他のラインナップを一挙紹介!

 

Samu-SE03

耳の小さな女性でも使いやすいコンパクトなモデル。エルゴノミクスデザインで耳の奥にフィットし外れにくく、遮音性も抜群です。左右それぞれに2つのボタンがあり、通話応答や曲操作などが簡単に行えます。充電クレードルはスライド式のスティックタイプ。金属の質感で高級感があり、持ち歩くのが楽しくなります。クセのないフラットな音作りで聴き疲れない、万人向けのイヤフォンです。

  • sp01_07.jpg

スライド式収納ケースがオシャレ
スライド式充電クレードルはコンパクトで携帯性に優れます。コスメ感もあり女性にも持ち歩きやすいデザインです。

 

Samu-SE04

よりハイクオリティなサウンドを楽しみたい人におすすめのモデル。音響特性を改善する「HDSS」技術を採用し、音の濁りの原因となるハウジング内の音の反射や揺れを改善。またドライバー振動板のグラフェンコートにより歪を抑え、高域までクリアなサウンドが楽しめます。省電力性能の高いクアルコム製SoC「QCC3026」を搭載し、イヤフォン本体で最長9時間の長時間再生もこなします。

  • sp01_08.jpg

HDSS技術を用いたサウンド!
ファブリック調でオシャレなマユ型のデザインの充電ケースは、イヤフォン本体を5回満充電可能。最長約54時間の再生が行えます。

 

Samu-SE06

Samuシリーズの最新モデル。幅広い帯域の音を綺麗に出せるカーボンドライバを採用し音質向上が図られたほか、クアルコム製SoC「QCC3020」搭載など、最新技術が盛り込まれています。また充電ケースに2600mAhの大容量バッテリーを搭載することで、トータル150時間以上の再生が可能です。装着感のよさに加え、大きなボタンで曲操作がしやすく、見た目も高級感があります。

  • sp01_09.jpg

大容量バッテリーで長時間再生!
発売は20年初夏頃を予定。カーボンドライバによる豊かな表現力と、外出先でも安心の長時間駆動など、今後の展開から目が離せません。

 

問い合わせ●株式会社オウルテック(046-236-3522)