便利技 他人事Tips

お手軽!バッテリ節約術

日々iPhoneを使っていくうえで気になるのがバッテリの持ち。今回はバッテリをお手軽に節約する方法を解説します。

iPhoneの充電切れ対策にモバイルバッテリを持ち歩いている、という方もいると思いますが、根本的なところで、バッテリの消費そのものを抑えられるのなら、それが一番です。まずは、どのアプリがどれほどバッテリを消費しているかを確認するところから始めましょう。



「設定」アプリから[バッテリー]を開くと、このようにアプリごとにどの程度バッテリを消費しているのか、一覧表示をしてくれます。24時間以内と、10日以内に切り替えも可能で、要するに「今日の消費が激しかったアプリ」「全体的に消費の激しいアプリ」などを、ある程度特定することが可能なのです。

また、[バッテリー]の設定を確認すると、状態に応じてバッテリの節約方法を提案されることもあるので、あわせて参考にすると良いでしょう。



そして、バッテリの消費を防ぐテクニックの一つとして、アプリのバックグラウンド更新を止める、というものがあります。「設定」アプリから[一般]→[Appのバックグラウンド更新]と移動しましょう。

アプリのバックグラウンド更新とは、要するに今前面に出ていないアプリが、裏側で自動的に情報を更新する機能ですが、常に最新の情報にしておく必要がないアプリ、特に電力消費が激しいアプリなどは、このバックグラウンド更新を切っておくと無駄な電力消費や通信が減ります。

通信量の削減という観点で言えば、ギガ不足対策として、そもそもバックグラウンド更新全体をWi-Fiのみに制限するというのも手でしょう。

バックグラウンド更新を止めても、そう大きな影響の出ないものが大半だとは思います。しかし、アプリによっては、裏側で動いていることに意味があるものもあるので、不具合を感じたら元に戻して様子を見るのをオススメします。



おすすめの記事一覧