便利技 他人事Tips

親指一つでスクリーンショットを撮影する

iPhoneで「スクリーンショット」を撮りたい場合は、物理的なボタン操作が必要です。しかし、ちょっとしたテクニックを使えば、親指一つで撮影できます。

iPhoneの画面を撮影するスクショは、ホームボタンのない機種であれば、サイドボタンと音量ボタンの同時押し、ホームボタンのある機種であれば、サイドボタンとホームボタンの同時押しによって通常行われます。

慣れてしまえばどうという操作ではないのですが、片手ではやり辛く、意外と手間がかかります。実は、親指一つでスクショする方法があるので、今回はそのテクニックをご紹介しましょう。



「設定」アプリから[一般]→[アクセシビリティ]→[AssistiveTouch]と進みます。AssistiveTouchは、画面上にボタンを表示し、そこから開くメニューを使って、iPhoneを操作できる便利機能です。

AssistiveTouchを有効にできたらカスタマイズをしていきましょう。[最上位メニューをカスタマイズ]からかなり細かく変更が可能です。しかし、今回のように特定の機能をワンタッチで操作したい、という場合は[カスタムアクション]を設定すると便利です。



今回は[長押し]に[スクリーンショット]を設定してみました。
こうすることで、AssistiveTouchのマークを長押しするとスクショができるようになります。



ちなみに、[アクセシビリティ]の[ショートカット]から、ホームボタン(またはサイドボタン)をトリプルクリックするとAssistiveTouchのオンオフを行える設定が可能です。より実用的になるので試してみてはいかがでしょうか。



おすすめの記事一覧