便利技 他人事Tips

iPhoneのカメラでセルフタイマーを使う

文●今淳一

iPhoneの「カメラ」アプリには、標準でセルフタイマー機能が付いています。iPhoneを固定して集合写真などを撮る場合にはとても便利です。

最近では、集合写真も自撮りすることが増えてきました。しかし、人数が多くなると入りきらなかったり、バリエーションも狭まりがちです。そこで、iPhoneのセルフタイマーを活用するのはいかがでしょうか。



まずは基本的な使い方から。カメラ画面の上部にある時計の形をしたボタンを押すと、3秒と10秒のタイマーが選択可能です。



撮影ボタンを押すと、画面上でカウントが進み、フラッシュライトの点滅で撮影のタイミングを教えてくれます。セルフタイマーを使った写真は自動的にバースト撮影となり、10枚ほど連写される仕様です。

映りの良い写真を選べるのはうれしいですが、10枚分もデータを残すのは…と思う場合は、Live Photosを活用するのが良いでしょう。



撮影前後の約3秒間が動画として残るLive Photosなら、後からベストショットの切り出しが可能なため、バースト撮影は行われません。



また、HDRをオンにしても、バースト撮影を回避する事が可能です。Live Photosを利用したくないという場合はこちらを使っても良いと思います。

セルフタイマーを用途に応じて使い分け、iPhoneによる写真撮影の幅をぜひ広げてみましょう。



おすすめの記事一覧