便利技 他人事Tips

受信メールを見ながら新規メールを作成する

文●今淳一

メールを送る際、他のメールを確認しながら文面を考えたい、といったシーンはないでしょうか。iPhoneのメールは画面一杯にメールの作成画面が出ますが、ちょっとしたテクニックを使うと、受信したメールや受信トレイなどを確認することが可能です。

最近ではビジネスメールでもiPhoneでやりとりする機会が増えました。新規メールでも、受信したメールに返信する場合でも、他のメールを確認しながらメールを書きたいことがありますよね。

Macの場合はウインドウを並べて作業できるので簡単ですが、iPhoneだとそういうわけにもいきません。しかし、いったん下書きで保存しては確認して開き直すというのも面倒な話。実はこの問題を、簡単に解決する方法があるんです。



新規メールの作成画面です。この状態では、受信トレイや直前に開いていたメールなどは見られませんが、画面の上側の部分から下方向にスワイプすると、画面下に格納することができます。格納した作成中のメールはタップすれば開けるので、確認しながらメールを書くことが可能です。



メールを返信するときも同様です。これの便利なところは、作成途中のメールを複数件、格納しておけるところ。先ほどのメールを格納した状態で新しく返信を書き始めて、それを格納して内容を確認して…といったことができます。



なお、複数件のメールを格納した場合、格納したメールを開こうとするとこのように一覧表示されます。このテクニックは、外出中、急ぎでメールを送らなければいけないときなどに、驚くほど便利ですよ。



おすすめの記事一覧