便利技 他人事Tips

スリープボタンを使わず電源をオン/オフする

文●今淳一

もしiPhoneのスリープボタンが壊れてしまったとしたら、電源をオン/オフしたり、再起動したい場合、大変困ることになります。そんなときはどうすればいいのでしょうか。解決策をお教えします。

iPhoneに部分的な故障が発生した場合、要所要所で非常に困るケースというものがあります。

中でも困るのが、スリープボタンが故障してしまった場合です。修理するにしても、新調するにしても、電源のオン/オフやiPhoneの再起動はついて回るもの。スリープボタンが使えないと、非常に困ります。スリープボタンを使わない方法を順次、ご説明していきましょう。



まずは電源のオフから。これは、かつてはいろいろと面倒だったものですが、今では「設定」アプリから電源を切れるようになっています。[一般]に移動して、一番最後にある[システム終了]を選択すると、いつものシャットダウン画面が出てきます。

また、スリープボタンが効かない状態で電源を入れたい場合は、電源オフの状態でMacに接続すると、自動的に電源が入るようになっています。もっともこれは、手元にiPhoneしかない場合に困るというのは変わらないので、電源をなるべく落とさないようにし、必要に応じて以下の方法で再起動をかけるようにすると良いでしょう。



「設定」アプリ→[アクセシビリティ]→[AssistiveTouch]をオンにしましょう。画面に表示されたAssistiveTouchを開き、[デバイス]→[その他]と辿っていくと[再起動]という項目があります。これをタップすれば、iPhone単体でスリープボタンが使えなくても再起動することが可能です。

非常時に役立つテクニック各種なので、覚えておくと助かることもあると思います。



おすすめの記事一覧