便利技 他人事Tips

メモを共有して共同編集する

文●今淳一

iPhoneの「メモ」アプリに残したメモは、ほかの人と共有することも可能です。たとえば「パーティー用の買い出しメモ」など、複数人でメモを共有したい場面で活用しましょう。

何かと便利な「メモ」アプリ。複数のデバイス間で個人用メモを共有するのも便利ですが、iCloud経由でほかの人と共有する「共有メモ」も大変役立ちます。



「メモ」アプリでメモを作成し、画面右上の[共有]ボタンの隣にある人型アイコンをタップしましょう。いささか紛らわしいのですが、共有ボタンからだと、ただメモの内容を相手に送信するだけで「共有メモ」にはなりません。

「人を追加」という画面に遷移したら、下部でメッセージやメール、SNSなどから、参加依頼を出します。



メッセージで参加依頼を出す場合は、このような感じです。



相手がメモを確認したあとは、先ほどの「人を追加」の画面が、共有状態の管理画面になります。ここから共有する相手をさらに追加したり、共有の停止を行えます。また、共有中のメモは、左側に人型の共有マークが付きます。

メモを共有し、共同編集を可能にすると、SNSでのグループでのやりとりともまた違った便利さがあります。例で出した「パーティー用の買い出しメモ」のように、基本事項を確認してもらいつつ、個別に追記して欲しいような場合にはうってつけです。

なお、iCloudを利用しているので、iCloudのメモのみ、この共有機能を利用できます。



おすすめの記事一覧