便利技 他人事Tips

特定の場所でリマインダーを通知する

文●今淳一

iPhoneの「リマインダー」アプリは、事前に場所を指定しておくことで、その地点に到達したときに通知を受け取れます。特定の場所で必要なタスクを確実に実行しましょう。

やるべきことを整理できる「リマインダー」アプリはとても便利です。しかし、うまくタスク管理ができないと、役立てられないこともあります。とりわけ困るのが、特定の場所でしかできないタスクでしょう。リマインダーに登録してあっても、気づいたときにはもうその場にいなかった、などということは往々にしてあります。

そんなときに便利なのが、場所を指定して通知を送る機能です。



まずは普通にリマインダーを開き、特定の場所で通知を行いたいタスクを選択しましょう。丸く囲まれた[i]マークをタップすれば、設定に移れます。[指定場所で通知]を有効にしたら[場所]を選択しましょう。



場所の選択は、よく使う項目のリストや、キーワード検索の結果を見て指定しましょう。今回は試しに東京駅を指定してみました。通知は、その場所に到達したとき、出発したときのいずれかを選べます。



場所を設定しておけば、その場所に到達・出発したときに、このように通知がきます。その場所でしかできないタスクの場合、こまめに場所を指定しておけば抜けもなくなるはずです。ぜひ使ってみてください。



おすすめの記事一覧