特集

アートディレクター「amity sensei」

iPadでデザインの極意をマスター!

デザイナーが使うコンピュータといえば「Mac」のイメージですが、それもいつの日か「iPad」に変わるかもしれません。その証拠に、これまでMacでしか行えなかった作業が、今やiPadでもこなすことができるようになっています。「iPadデザイナー」として活躍中のクリエイターに話を聞いたうえで、iPadで行えるデザイン作業の基本とノウハウを学んでいきましょう。

 

  • 02ec8adb70a90b91d3ffa436fbfa5ed8.jpg

CREATOR INTERVIEW
アートディレクター amity sensei

クリエイティブエージェンシーでアートディレクターを務めるかたわら、Adobe MAX Japan 2018にゲストスピーカーで出演するなど多方面で活躍中。

 

iPadネイティブ

─amity senseiはiPadデザイナーとして活動するだけでなく、今年の1月からはユーチューブでiPadプロを使ったデザインの解説動画をアップしていらっしゃいますね。名前の由来は、もしかしてアドビのAI「アドビセンセイ(Adobe Sensei)」からですか?

そうです! もともとアドビがすごく好きなのと、AIや最新のテクノロジーを使っていかに早く仕事をするかを目指しているので、そう名乗るようになりました。iPadも効率化のひとつです。

─iPadでイラストを描くようになったのはいつ頃からでしょうか?

高校生ぐらいだと思います。現在25歳ですが、プロシリーズが出る前から、他社製のスタイラスペンを使ってiPadで描いていましたし、それで大学の授業の課題も提出していました。大学生のときはペンタブレットも使っていたんですけど、ペンタブとMacを持ち運ぶなんて非現実的だし、スペースを取るしで大変。できるだけミニマムに生きられるように日々考えてはいました。なにせ好きな場所で仕事したいので。

─あまりアナログで描く機会はないのでしょうか。

ほとんどないですね。通っていたイギリスの大学が、デジタルメディアテクノロジーアートという、「デジタルを使って面白いことをしようよ」という学科だったんです。そのときはアニメーションやイラスト、写真、ファッションフォトグラフィなどをやっていて、そこから完全にデジタル側にシフトしました。

─ベースがデジタルを使ったクリエイションなんですね。もともと子どもの頃からデジタル系は得意でしたか?

そうですね、ITとかメディアは興味がある分野なので、今好きなことを仕事にできているなとは思います。

─愛用アプリは何ですか?

「プロクリエイト」を一番使っています。このアプリがいいのは、ブラシの種類の多さ。ほかに有名なイラストアプリには「クリップスタジオ」と「メディバンペイント」などがありますが、どちらかと言うとマンガ家さん向きですよね。マンガっぽいイラストを描くならそのほうがいいと思いますが、もうちょっと描写したいなら、プロクリエイトのほうがブラシがたくさんあっていいと思います。

─プロクリエイトを使い始めて、マスターするまでどのくらいの時間がかかりましたか? そして、うまくなるために何をしていました?

半年ぐらいでしょうか。写真のトレースは頻繁に繰り返していましたね。たとえばハンバーガーの写真をトレースして描いたり。いろいろな写真をかき集めて、キャンバスに貼って描いていくのがいいと思います。あとはピンタレストなどで素敵な画像を調べて、見本を見ながらひたすら描いていくとか。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

人気イラストアプリの◯と×
iPadでイラスト・マンガを描くうえで、役に立つアプリはたくさん存在します。その中でも人気のアプリにはどんな違いがあるのでしょうか。マンガ家・鈴木みそ先生に講評していただきま...

<<

「iPadでイラスト・マンガ・デザイン」の目次