特集

イラストレーター「寺田克也」

iPadでイラストの極意をマスター!

文●笠井美史乃栗原亮児玉潤一らいら吉田雷(MixtureScape)編集部写真●黒田彰長屋和茂イラスト●武内未英

iPadとプロクリエイト、アップルペンシルの組み合わせは道具として“最強”だね

iPadはイラストを描くのに最適のデバイスです。その証拠に多くのイラストレーターの方々が、これまでMacとペンタブレットで行っていた作業を、iPadに置き換えようとしています。今、なぜ彼らはiPadを道具として選ぶのでしょうか。そして、iPadで上手にイラストを描くにはどうすればいいのでしょう。その基本とノウハウをここで学んでいきましょう。

 

  • 52b556e7686d685f9afe51c0dbddfe8b.jpg

CREATOR INTERVIEW
イラストレーター 寺田克也

 

 

iPadプロ2台

─iPadはいつからお使いですか?

2010年に初代iPadが出たときにすぐ買って、それから現在まで買い換え続けていますね。もともとMacでもそのスタイルだったので、結果的にほとんどのモデルを買っているというね(笑)。

─iPadとMacを利用する比率はどのくらいですか。

今はもう100%iPadになりました。下手すると、最近デスクトップを起ち上げていないんじゃないかな。

─それはiPadのほうが絵を描く道具として優れているからですか?

いや、絵を描く「道具」としてはMacとそれほど変わらないですよ。ただiPadのほうが持ち運びやすくて姿勢が自由になるのが大きくて。デスクに縛り付けられずに描ける快適性というのが今のオレにとっての最大のメリットなんです。同じ絵を描くことができれば道具は選ばないですね。

─普段の制作環境を教えてください。

最新の12.9インチのiPadプロ(第3世代)と同じサイズで1つ前のモデル(第2世代)の2台。世代が異なるのでアップルペンシルも2種類持ち歩いています。昔からメモリとストレージは目一杯積むというのがオレのポリシーなので、最新のiPadプロの容量は1TBあります。あと、絵を描くアプリは「プロクリエイト(Procreate)」。それまでMacではワコムの30インチの板タブ(タブレット)と「ペインター(Painter)」を使っていたんですけど、友だちのイラストレーターのPablo Uchidaがペインターっぽいアプリがありますよと教えてくれて、それから使っています。このiPadとプロクリエイトの組み合わせにアップルペンシルが加わったことで道具として「最強」になったので、完全にiPadに移行したというわけです。

─2台も大きなiPadプロを使う理由は何でしょうか?

見た目で冗談のように思われたかもしれませんけど、とても現実的な判断なんですよ。どちらも同じ環境にしておくことでバックアップとしても使えます。それにネットが使えない状況でもエアドロップで途中のデータを送っておけば何かトラブルがあっても作業をそのまま引き継げます。また、休まずに描き込んでいるとバッテリが4時間くらいで減りますが、iPadが2枚あれば合計8時間、モバイルバッテリも持ち歩けは最悪10数時間は電源がなくても作業できますからね。

─作品によると思うのですが、制作にどのくらいの時間をかけられるのですか?

仕事の絵の場合は、実作業2日間が基本。実際には依頼いただいてから頭の中で考えたり、場合によってはラフを描いたり資料を眺めたりするのでもっとかかっているんだけど、描き始めてから終わるまでは2日、理想は1日。展覧会や趣味用の絵はアナログで描いていますが、やはりデジタルのほうが圧倒的にスピードが上がっています。

─かなり理想の環境に近づいたということだと思うんですが、不満などはありませんか。

理想を言うならiPadの画面は30インチ欲しいよね(笑)。なぜかと言うと12・9インチあっても印刷向けの仕事の場合は絵全体のバランスが縮小しないと見渡せなくてね。線を見ようと拡大すると、今度は全体が見えなくなるジレンマがあります。そこは慣れで対処していきましたが、今でも画面のサイズは大きいほうがいいと思っています。あとはアップルペンシル1本で複数のiPadをまたがって描けるようになったらベストですね。

 

 

  • c5a4e031c1c9c47deac8657332a74dab.jpg

寺田克也 Katsuya Terada

1963年12月6日生まれ、岡山県出身。イラストレーター、漫画家、ゲームキャラクターデザイナーなど幅広く活動。著書に『西遊奇伝・大猿王』(集英社)、『寺田克也ココ10年』(パイインターナショナル)、『絵を描いて生きていく方法?』(パイインターナショナル)、『寺田克也+キム・ジョンギ イラスト集』(玄光社)など。

 

  • ab14efeada05cfae05bec6a5ca4c82c4.jpg

寺田さんの現在の仕事道具。2台のiPad Proを駆使し、家ではスタンドで角度を付けて利用。Apple Pencilにはグリップとストラップを付けて利用しています。

 

愛用アプリはコレだ!

59e548909e4c474e3bd9db22cfead942.jpg

Procreate

【開発】Savage Interactive【価格】1200円
【場所】App Store>エンターテインメント

 

独自開発のペイントエンジンを搭載したイラストアプリ。当初は指やスタイラスで描いていた寺田さんですが、Apple Pencilの登場で“最強”の組み合わせになったそう。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

iPadでイラスト・マンガ・デザイン
制作の基本と実践ノウハウ、プロのスゴ技を教えます!

<<

「iPadでイラスト・マンガ・デザイン」の目次