レクチャー Swiftのたまご

第10回 応用的なプログラムを1人で書いてみよう

文●崎谷実穂写真●黒田彰

素人プログラマー・崎谷実穂がツバメのびびと一緒にSwiftの知識を身につける

変数や値の根幹にある「タプル」

 

  • afd069cdc1092b6882d3108cf78e9b9c.jpg

 

タプルを使ったプログラム

  • 08e027a5d7613554e4dcb4db318560cb.jpg

一見すると配列のような上のプログラムですが、よく見ると「=」のあとが「()」になっています。これはいったいどういうことでしょうか?

 

  • e71fb8e2233baee1aea3c847bfbba50e.jpg
  • da402f1881ccb942b6d0d51b2d83511a.jpg
  • 5acd563e2b38ffe22adbf687308ab451.jpg
  • 304d2bdf5a6656051282f8c52f69ac54.jpg
  • 9da1bc1b3d454a1178298a46b071b4e3.jpg
  • da7337303c3ad7aaaa05ec31570e33a0.jpg

 

自由度の高いタプル

  • d596fc25805c5be0d586be7d5542c56d.jpg

配列よりも自由度の高いタプルでは、格納した要素にラベルをつけたり、型を指定したりできます。

 

  • 2479e36e513a2f38e5a8acc91c46951a.jpg
  • 98ebb6d598f09740b577ff75caa82346.jpg
  • 0803aec4f75e2fbc952b71adce0755dc.jpg

 

  • 69eeb2235293109e8520efa26a8ac1c7.jpg

 

 

Lesson 1 変数の基本「タプル」を理解しよう

「タプルがあれば、変数や配列を憶えなくてもよかったのでは?」という人もいるかもしれません。でも、そんなことはありません。たしかに、複数の値を格納でき、型も指定可能で、しかも柔軟取り出せるタプルは非常に便利。しかし、変数や型など、それぞれの概念を学ばなければ「型の違う複数の値が格納できる」という意味が理解できませんよね。そのうえで、タプルがこれまでに学んだ「変数と値の関係」の根幹になっていることを説明します。

タプルで「var(name, level, HP) = (“崎谷”, 99, 7)」とし、「print(name)」とすると「崎谷」が出力されます。それを、左下の図のように「name」だけにしたうえで、初期の頃に習った「変数に値を入れる」プログラムと並べてみます。すると、「()」以外同じになるのです。Swiftで扱っている変数は、すべてタプルのラベルであった、ということなんですね。つまり我々はタプルを利用して変数を作っていたのです。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧