アラカルト Macの知恵の実

人間は人工知能に勝てなくなってしまうのか??

文●牧野武文

フリーライター・牧野武文氏が消費者目線でApple周りの事象を独自の視点で考察。

人工知能が人間の知性を超えてしまうシンギュラリティ(技術的特異点)。2045年には訪れるというが、部分的にはもう超えているのではないかと考えている人もいる。そんな話を信じたくなるような出来事が実は今、起き始めている。果たして、人間は人工知能に勝てなくなってしまうのか。これが今回の疑問だ。

 

マッチ箱で作る人工知能の話

かなり昔の話で恐縮だが、『サイエンス』という雑誌に「数学ゲーム」という面白いコラムがあって、その中で、マッチ箱を作って人工知能を作るという話が出てくる。筆者のマーティン・ガードナーは、ヘキサポーンという単純なミニゲームを考案し、このゲームを戦う頭脳をマッチ箱で作ってしまったのだ。

これは日本で馴染みのある◯×の三目並べのようなシンプルなゲームで、局面は24種類しかない。各局面で取りうる可能な手を赤、青、黄色などで図示したラベルを24のマッチ箱に貼っていく。そして、人間と対戦させる。該当する局面のマッチ箱を開けると、赤、青、黄色のビーズが入っている。その数が多い手をマッチ箱頭脳は選択をする(同数の場合はランダム選択)。最終的にマッチ箱頭脳が勝った場合は、使った色のビーズをご褒美として増やしてやる。こうして学習させていくと、最善手を打つマッチ箱製の人工知能に育っていく。

さらに、学習の方法や性格を変えた別系統のマッチ箱人工知能を作り、なんと人工知能同士を対決させる。最初はどちらも間抜けな手ばかりを打っているが、学習が進み出すと、急速に最善手を打つようになる。このコラムは、ちょうどロボット工学者が鉄腕アトムがきっかけになっているように、人工知能研究者になるきっかけを作っているのではないかと思う。

 

存在しないものを作り始めた人工知能

よく「人工知能は過去のデータをうまく扱えるだけで、クリエイティブな能力は人間にかなわない」と言われる。そのとおりだと思うが、最近、それを揺るがすことが次々と起きている。たとえば、ThisPersonDoes NotExist.comというサイトにアクセスすると、いろいろな人の顔写真が表示される。ところが、この人は、人工知能が生み出した、地球上のどこにも存在しない非実在性人間なのだ。

この技術が進むとどうなるのか。動画にもでき、VTuberのように自分の動きに合わせて動かせるようになると、ネット内に非実在の人格を生きさせることができるようになる。今は、ネットでしか連絡を取らないという知り合いも増えている。その人から、テキストだけでなく、写真やビデオまで送られてきているのに、その人は実は存在しない。そんなことがあと数年で起きる。

また、MakeGirlsMoeでは、美少女画像を人工知能が自動生成してくれる。上海復旦大学の学生たちが作ったサービスで、彼らはGetchu.comで美少女画像を大量購入して、これを人工知能に学習させた。これも面白いサービスだが、やはりどことなく恐ろしさを感じさせる。たとえば、ある漫画家だけのキャラを学習させて、人工知能に生成させると、確かのその漫画家のタッチなのだが、その漫画家は描いていないキャラが生まれてくる。その漫画家は見た瞬間に「自分のタッチだ」と直感するだろうが、描いた記憶はないのだ。これは盗作なのだろうか、創作なのだろうか、それとも二次創作なのだろうか。これもすぐに人工知能を応用した同人誌が出版されるだろうから、コミケ方面の新たな火種となることは間違いない。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧