レクチャー アカリンのDigital Make Up!

Vol.11 海外旅行へ行ったような映える合成写真を作ろう!

文●中原一雄(写真・監修)

NMB48・吉田朱里が写真編集・加工を極める!

アイドル業に勤しむ傍ら、美容系YouTuberとしても活躍しているNMB48の“アカリン”こと吉田朱里さん。そんな彼女が写真ソフトを使った編集・加工・合成などにチャレンジ! メイク上手な彼女なら、写真編集だってお手の物!? NMB48公式サイト 【URL】http://www.nmb48.com

b9a081c4ab58397d4f8091268dd0af44.jpg

吉田朱里(AKARI YOSHIDA)

1996年8月16日生まれ、大阪府出身。2010年、NMB48の1期生として活動開始。2018年、「第10回AKB48選抜総選挙」では14位を記録、選抜入りを果たした。アイドル業の傍らYouTuberとしても活動中で、動画の総再生数は1億回を突破。ニックネームは「アカリン」。

 

 

 

 

 

 

─今回は吉田さんが写ってる写真を使って“南の島のリゾートに行ってきました風”の合成をしてみたいと思います。

これはNMB48の村瀬紗英ちゃんとお仕事したときのオフショットです。合成じゃなくて実際に行きたいです…(笑)。

─大まかな手順は「人物写真を切り抜いて背景に重ねてから馴染ませる」です。人物の切り抜きはこちらでやっておきましたので、これを背景の上に重ねて程よくサイズ調整すると… (1)。

すでに南の島に行ってきました感が出てますね。すごい!。

─でも、このままだと背景と人物のレイヤーの色味が違うのでやや違和感が。そこで、背景レイヤーの代表的な色を「平均」という機能で作り出し、整えます(2)。

画面全体が全体が青っぽい色になってしまいましたが、これで大丈夫なんですか?

─「平均」を使うと背景画像の平均的な色のみのレイヤーになります。これを人物レイヤーの上に移動して、描画モードを[ソフトライト]にして色を馴染ませます。

だいぶ背景と馴染んできました。描画モードはこんな使い方もあるんですね。

─次は影も追加してみましょう。人物レイヤーの下に新規レイヤーを作り、黒のブラシで人物の後ろにさりげなく影を追加(3)。大げさにならないようレイヤーの不透明度を「20パーセント」くらいに下げておきます。ついでに、背景画像の遠景部分のみマスクをかけて少し明るくしておくとよりリアルに見えますよ。

ほんの少し影を足すだけで、人物レイヤーが変に浮いた感じがなくなりましたね。

─だいぶ馴染んで来ましたが、もう一手間かけてさらに完成度を上げてみましょう。残る違和感は光の当たり方です。背景の写真は右側に太陽がある写真ですが、人物写真は全体に光が回っているので光の当たり方がアンバランス。これを揃えればさらに違和感の少ない合成になるはずです。

でも、光の当たり方って変えられるんですか?

─光の当たり方というのは「ハイライトとシャドウのバランス」なので、これを変えれば大丈夫。マスクとトーンカーブを使って調整してみましょう。これも合成ではよく使う手法ですよ(4)。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧