特集

私とMac mini

私が初めて買ったMacミニは、2005年に登場した初代モデル。そのキュートな佇まいと拡張性の虜になった私は、買い替えを繰り返しながらミニとの日々を過ごしてきました。そして昨年、新たに買ったのが4年ぶりに登場した新モデル!

これから、私が新モデルを買ってから、完璧に使いこなすまでのレポートを僭越ながらお届けします。ちょっと偏った使い方もありますが(笑)、皆さんの参考になれば幸いです。

 

37ff2d0b7977bc9826fa9ebbf94d931f.jpg

中村朝美

Mac mini歴14年のフリーライター。カメラとスケールモデルを嗜む。

 

 

[Part 1]

即決で予約注文編

 

2018年10月30日、とうとうこの日がやってきました。アップルからMacミニ待望の新モデルが発表されたのです。

もちろんすぐに購入を決意。新しいMacを買うときはカスタマイズをどうするか迷ってしまいますが、今回は「上位モデルの標準構成」にしようと迷わず決めました。理由としては、

❶とにかく最速で手に入れたい
❷SSDのアップグレードは高過ぎ
❸メモリは自分で交換できる(保証対象外になるけど)

という3つ。アップル公式サイトではカスタマイズすると納期が1~2週間延びるのが通説。たとえばプロセッサをコアi7にアップグレードすると、1週間ほど納期が延びてしまいます。「とにかく早く新モデルを触りたい!」。その一心で標準構成を選びました。

予約開始と同時にポチったのですが、発送直前でまさかの決済トラブル。アップル公式サイトはデビットカードに非対応だと判明したのです。そこで慌てて「ヨドバシ・ドット・コム」を確認。すると、発売日に届けてくれるし、5%のポイント還元があるではないですか! これは上位モデルなら6631円もお得になる計算。アップル製品のポイント還元は1%だと思い込んでいましたが、iPhone等の話であったようです。注文完了し、あとは到着を待つばかり!

  • c2afb18909ec67e4650ae9bba8358ae3.jpg

昨年登場した新Mac mini。カラーがスペースグレイになり、最大64GBの高速メモリと最大2TBのSSDを搭載。標準で2モデルあり、3.6GHzクアッドコアのCore i3プロセッサ、128GBストレージモデルが8万9800円(税別)。3.0GHz 6コアのCore i5プロセッサ、256GBストレージモデルが12万2800円(税別)。私が注文したのは後者の上位モデルです。   写真/apple.com

 

  • 7e2db0100e30b83a6ef978d872e866b6.jpg

2019年2月中旬現在、Mac miniをApple公式サイトで通常購入すると翌日のお届けになりますが、プロセッサやストレージをアップグレードすると7日~11日後になってしまいます。

 

 

[Part 2]

開封の儀&開腹手術編

 

そして発売日の11月7日、満を持して新Macミニが到着! ただし、このとき私は執筆作業を溜めこみ、さらには1週間後に引っ越しを控えるという殺人的スケジュールの真っ最中。旧マシンからの移行に失敗するとすべてが破綻するリスクもあり、新モデルを使いたいのを必死で我慢することに…が、しかし! ようやくご対面を果たした新モデル、少しでも愛でてあげないと可哀想。動作確認を済ませるだけのつもりが、メモリの換装を行い始めてました。

メモリ容量は64GBまで対応している新モデルですが、私の購入したモデルは8GB。どこまで増やそうかと迷っていると、ちょうど友人が「16GBのメモリが余ってるからあげるよ」と言ってくれました。彼はウィンドウズユーザなんですが、現行世代の「DDR4メモリ」だったので、偶然にも仕様がぴったり合致ししたのです。

16GBは、私が使っていた古いMacミニ(2012年モデル)と同じ容量。実際それで特に困っていなかったし、作業自体は変わらないので16GBメモリに換装することにしました。

まさに「棚からぼた餅」でメモリをゲットしたので、さっそくMacミニを分解するために必要な工具をお取り寄せ。ところが、某Mac専門店のツイッターを参照して工具を買ったところ、それがデマだったのです。信じられない! 危なくサイズの合わないトルクスでネジをなめてしまうところでした。やはり情報の正確さでは、電子機器の修理情報を掲載している「iFixit」の右に出るところはないですね。

かくして正しい工具を揃えるのに3日要してしまいましたが、換装作業は問題なく完了。これは初代Macミニから歴代のMacミニを分解してきた経験が役立っているはず。電子機器の分解に慣れていない人にとっては罠だらけなので決しておすすめはできません。

専門ショップや正規サービスプロバイダではメモリ交換サービスを実施しているようですが、待ち時間も長いうえにトラブルも少なからずある模様。リスクを避けるなら購入時にカスタマイズしたほうが安心だと思います。

換装を終え、余った純正の4GB×2のメモリモジュールは「ヤフオク!」に出品。5000円の値がつきました。アップル公式サイトで16GBにアップグレードすると2万2000円(税別)かかるところ、結果的にプラス5000円で換装できたことに。16GBのメモリを譲ってくれた友人には一杯奢らないとな~。

  • 3fefe554195636bf84d8c4559bb7ec1b.jpg
  • 283060e38abaf932cc7c546989a6de24.jpg
  • 1b7f7fd535c309546fb04cbf20bd9e49.jpg

さっそく下蓋を開けて分解。メモリを4GB×2から8GB×2に換装、16GBにしました。上級者向けなので要注意です。

 

 

[Part 3]

データお引っ越し編

 

さて、執筆作業も一段落したので、データ移行に取りかかります。まずは新モデルで「移行アシスタント」を起動。そして旧モデルからサンダーボルトケーブルでつなぎ、「ターゲットディスクモード」でストレージ情報を転送していきます。256GBのデータは2時間弱ほどで簡単に転送完了しました!

当初は移行アシスタントを使わず、新モデルでゼロから環境を構築する構想でした。私の旧Macミニのシステムはさながら先祖代々受け継がれた「秘伝のタレ」のような状態になっていて、使わなくなったソフトの初期設定ファイルなどが無駄な容量を使っているに違いなく、これらを一掃したかったのです。でも、直前になって面倒になってしまいました。

さて、大きなトラブルもなくMacの引っ越しが完了。この機種変更のスムースさはmacOSの真骨頂ですね。

  • 00b0197308c2e8ff457d930b51fe26cd.jpg

旧モデルから情報を転送するため「Thunderbolt 3(USB-C)- Thunderbolt 2アダプタ」を新モデルに直結し、ターゲットディスクモードにしました。

 

  • 4e1e2d563df2ffa3b0175ecbbb7e43d6.jpg

情報転送後ログインすると、まるでメール爆弾のようにダイアログが。その多くは引き継がれた機能拡張がゲートキーパーに引っかかったから。macOSを毎年アップグレードしていない私の落ち度です。

 

 

[Part 4]

こだわりディスプレイ編

 

私がMacミニにこだわる最大の理由は、ディスプレイを自由に選べるからです。これまで数々のディスプレイを使ってきた中でも、EIZO社の完全正方形ディスプレイ「EV2730Q」に惚れ込み、もうiMacなどのワイドディスプレイには戻れない体質に。もちろん今回の新Macミニもこれに接続して使います。

私は写真を嗜んでいるのですが、それまでワイドディスプレイで縦長写真を扱うことに違和感を感じていました。横長真と表示サイズが大幅に変わってしまうし、上下にフィット表示させると左右の面積が半分以上無駄になります。正方形なら縦・横どちらも同じサイズで表示できるため快適に閲覧・現像できます。

さらに、MacミニにはHDMIポートも備わっているので簡単にデュアルディスプレイが実現可能! スペック上、4Kディスプレイは3台、5Kディスプレイは2台接続可能とのこと。私は4Kや5Kに興味がないので、ワコムの液晶ペンタブレット「Cintiq 16」をセカンドディスプレイとして下に接続。EV2730Qと横幅がほぼ同じなので、カーソルの移動もとてもスムースです。

  • 5b46c9179a3eb671f5a12bd07aa6ec94.jpg

正方形ディスプレイ「EV2730Q」のメリットは、縦長の写真でも大きく表示できること。

 

  • fac3fe4fa7e120f635692e78b76ce270.jpg

液晶ペンタブ「Cintiq 16」を導入しデュアルディスプレイに。正方形ディスプレイとの相性もばっちりです。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

新Mac mini “偏愛”レビュー
Mac miniは小さいけれど、そのボディの中にとてつもないパワーを秘めています。Mac mini歴14年。初代モデルから虜になってしまった愛好家に、新モデルのいいところとこだわ...

<<