アラカルト 林檎職人

「演じる側」から異色の転身

ドローンで世界を翔ける映像作家「竹内佳嗣」

文●大須賀淳写真●黒田彰

アップル製品を使いこなすプロフェッショナルたち。彼らの仕事場にフォーカスし、その舞台裏を取材します。

  • 9e4243aaf8915cd88e1a7ff547c0b6e8.jpg

 

 

( 職人とその道 )

 

竹内佳嗣映像作家

  • 0381871212933a97440ba4fca0e41ad6.jpg

静岡県浜松市生まれ。若き日々を俳優として過ごし、多くの映画やテレビドラマに出演。その後、友人からの撮影依頼をきっかけに映像制作にのめり込むように。2010年代半ばにドローンを使った映像作りを始めると、2017年、2018年の「ドローンムービーコンテスト」において2年連続で特別賞を受賞。世界中を飛び回り、大手ドローンメーカー・DJIのCM制作などにも携わっている。【URL】https://www.hamamatsuo.com

 

 

俳優から映像制作の道へ

遠隔操縦できる複数プロペラのヘリコプター…などという説明が不要なほど、一般への認知が進んだ「ドローン」。その登場により、テレビ・映画からネット動画まであらゆる映像に空撮カットが使われるようになり、間違いなく今という時代を象徴する撮影手法の1つとなっている。竹内佳嗣氏は、そんなドローン撮影を得意とする映像作家。数々のコンテストで入賞するなど、非常に注目を集めている人物だ。

取材のためにお邪魔した竹内氏の仕事場は、一般的な映像制作現場の雑然としたイメージとはかけ離れたスタイリッシュな印象。映像編集もデスク上のMacBookプロ1台で行われており、少し離れて見ると文章執筆などの様子と見分けがつかないほどミニマルだ。映像の世界は、長年続いたテレビや映画といった産業の呪縛から開放され、常識が大きく変化する只中にあるが、ドローンという手法以前に、彼のスタンス全体が新しい時代を感じさせる。

そんな竹内氏は、経歴も非常にユニークだ。映像制作を始める前は「撮られる側」、つまり俳優業に就いており、CX系「ウォーターボーイズ2」などの有名ドラマにも出演していた。その頃は制作にタッチしていないものの、現在につながる素養はすでに芽を出していたようだ。

「当時は機材のことはわかりませんでしたが、画角を考えたりするのはすごく好きでした。出演したシーンをモニターでチェックするときも『このシーンは固定カメラより手持ちのほうがいいのでは…?』と思ったり(笑)」

そんな折、出身地である静岡県浜松市で行われるお祭りの撮影を友人から頼まれたのをきっかけに、徐々に「撮る側」へと移っていく。

「まだ動画撮影に使える一眼レフカメラも出ていない頃で、家庭用のビデオカメラを手持ちで、見よう見まねで作っていました」

その後、「映像をやるならMac」という友人のすすめもあり、初代のインテルiMacを購入した。

「最初はiMacに標準でついていたiMovieで編集を始めましたが、操作がわかりやすかったですね。感覚的なことをうまく表現できるアップル製品に向いていたと思います」

 

衝撃を受けた空撮映像

それからいくつかの映像コンテストに入賞し、友人の結婚式や浜松祭りの撮影が増える中で「何か違うものを撮りたい」という気持ちが芽生え始めた。ちょうどその頃、竹内氏はドローンが使われた空撮映像と出会うことになる。最初に見たのは、森の中をゆっくりと飛行するプロモーション映像。従来の手法では絶対に撮れない迫力ある映像に衝撃を受け、すぐにDJI社の中型ドローン「ファントム(Phantom)2」をレンタルした。都内で飛ばすのは怖いので、旅行先の徳島で川の上に並んだ鯉のぼりを撮影してみたのが始まりだという。

「最初の感想は『うわっ、飛んだ』でした(笑)。ラジコンヘリも操縦したことがなかったので、楽しくてニヤニヤしていたと思います」

ファントム2の操縦には、当時所有していたiPadも使用。iPadはプロポ(コントローラ)と接続することで、専用アプリで映像のプレビューや細かな設定が行えるなど、ドローン操縦において非常に便利な存在となっている。

一方で、フィリピンで撮影した際にはあまりの高温にiPadが固まってしまったり、逆に寒冷地では冷えすぎてバッテリ消耗が急激に早まったりと苦労した経験もあったとか。どれも、過酷な大自然を相手に撮影を試みる彼ならではのエピソードだ。

現在はiPhoneで使えるDJI社の小型ドローン「マビックエア(Mavic Air)」も活用している竹内氏。同じく専用アプリで操作でき、大胆な動きも可能なこちらは入門用にもおすすめだという。さらに、今後はiPadプロを現場確認用のモニターとして使おうと画策中だ。

「ドローンの操縦中は僕が動き回ることもあり、ディレクターやクライアントの方への確認がスマートではありません。そんなときにiPadプロを渡して、ワイヤレスで素早く映像を飛ばして見せることができないか考えています」

iPadプロはその性能の高さから、活用方法は多岐にわたる。それはドローンを扱う彼にとっても魅力的なようで、「ある程度の映像編集はiPadプロで完結できるのかも」と目を輝かせていた。

そんな竹内氏は作品を発表する中で、ドローンメーカー・DJIから直々に声をかけられ、公式ビデオのディレクターを務めることに。好奇心から飛び込んだドローンの世界で、日本を代表するクリエイターの1人となった。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧