アラカルト Macの知恵の実

トラックパッドとマウス、どちらが快適なのか?

文●牧野武文

フリーライター・牧野武文氏が消費者目線でApple周りの事象を独自の視点で考察。

デスクトップ型のiMacを購入するとき、ポインティングデバイスはマウスとトラックパッドのいずれかを選ぶことができる。最近、iMac+トラックパッドの人がじわりと増えつつあるようだ。トラックパッドのほうがマウスよりも使いやすいのか。これが今回の疑問だ。

 

スクロールに潜む文化の違い

デスクトップ型のiMacを使っている人は意外と多い。職場はもちろん、自宅でもiMacを使う人が想像以上に多い印象がある。画面が広く、価格的にもお買い得ということがあるが、多くの人がiPhoneやiPadユーザであるために、ノート型Macの必要性が薄れていることも大きいのではないかと思う。

ところで、iMacを使っている方は、入力デバイスとしてマウスとトラックパッドのどちらを使っているだろうか。現行iMacの基本セットは「マジックマウス2」だが、5000円をプラスすると「マジックトラックパッド2」を選べるようになっている。

ウィンドウズユーザが初めてiMacを使ったときに驚くのが、マウスによるスクロール方向だ。WEBページで下側のコンテンツが見たいと思ったとき、一般的なMacユーザであれば迷うことなくマウスの背面を「上」にスクロールすることだろう。しかし、深い河の向こう岸で暮らしているウィンドウズユーザの方々は、あろうことか「下」にスクロールしてしまう。

なぜそうするのか尋ねると、ウィンドウズユーザは「なぜMacはこんなおかしな動きなの?」と逆に不思議そうな顔をするだろう。これはトラックパッドでも同じで、スクロールして下に隠れているコンテンツを見たいとき、ウィンドウズユーザは下方向にスワイプしてしまうはずだ。

つまり、MacとウィンドウズPCでは、スクロール方向が真逆なのだ。「ブートキャンプ(BootCamp)」などで、Macとウィンドウズの両方を使っているユーザも戸惑っているのではないだろうか。もちろん、MacもウィンドウズPCも、設定でスクロール方向を反対に変更することはできる。

Macの世界では、マウスとトラックパッドは等価であり、どちらを使うかは個人の好み次第。しかし、ウィンドウズの世界では圧倒的にマウスが優勢だ。デスクトップPCではもちろん、ノートPCであってもマウスを使う人が多い。さらに驚くのは、タブレットPCのサーフェス(Surface)用に「携帯に適した薄型マウス」が各社から発売されていること。せっかく携帯性の高いタブレットPCなのに、マウスを一緒に持ち運んでいる人がけっこういるということだ。ウィンドウズとMacで、このあたりの文化の隔たりは大きい。

 

iOSデバイスに近い感覚で

以前は、Macのスクロール方向もウィンドウズと同じだった。しかし、macOS X 10.7(Lion)から逆方向に変更され、当時戸惑ったMacユーザも多かった。アップルはなぜこのようなユーザを惑わす変更を行ったのだろうか。それは、現在のスクロール方向のほうが理に適っているからだ。

ウィンドウズでの考え方はこうだ。マウスはあくまでも「コンピュータというツールを操作する」デバイス。そのため、ブラウザを操作するときは、ブラウザの枠をマウスで操作している感覚になる。下側のコンテンツを見たい場合は、ブラウザの枠を下に動かす必要があるので、下方向にスクロールするのだ。

一方、Macでは「コンテンツを直接操作する」という考え方だ。本来なら指でコンテンツを操作できればいいのだが、技術的な制限でそれはできない。それでも、できる限りそれに近い感覚を再現したい。だから、下側のコンテンツを見たい場合は、コンテンツ自体を直接動かす感覚で上方向にスクロールするのだ。

iPhone、iPadといったタッチ操作のデバイスでは、こういう場合誰もが自然に上方向にスワイプする。アップルはこれと同じ感覚をiMacやMacBookでも再現したいと考えたのだろう。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧