Command+Eye

楽器業界もまだまだ進化が止まらない!

新時代を切り拓くオーディオ機器が「NAMM Show 2019」に集結!

文●栗原亮

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

「NAMMショー(Show)」は、米国で毎年開催されている世界最大規模の楽器ショーだ。今年は1月24日から27日の4日間行われ、音楽に関わるAppleユーザも注目すべき製品が数多く集まった。現場のレポートを届けていこう。

 

オーディオ機器の祭典

毎年、米国・カリフォルニアに最新の楽器や音響設備などが集まる「NAMMショー」。今年も世界中のオーディオ系メーカーから、注目製品が続々と集まった。

展示される製品ラインアップは実に幅広い。最新のオーディオインターフェイスに、iPadやMacと使えるギターアンプ、さらには人の声をキャラクターの声にリアルタイムで変えるMac用ソフトなども登場。音楽制作に携わるアップルユーザにとっては、特に見逃せない内容だった。

ここで紹介するのは主にハイエンド製品だが、今はアプリで誰もが気軽に音楽が作れる時代。少しでも興味がある人は、まずは手元のiPhoneでアップストアを眺めてみるのもいいだろう。新しい世界への扉はいつでも開かれている。

 

 

  • 299fc4869a1d027d486b7bfec9cf9329.jpg
  • caf815e75d5488c4da45574609fdb757.jpg

IK Multimediaが、iOS/USBインターフェイス内蔵のコンパクトギターアンプ「iRig Micro Amp」を発表。「GarageBand」等を使って演奏、レコーディングが行える。

 

 

  • f82d039e58ee35a13f71234de6fe2763.jpg

MOTUが、DAWソフトのメジャーアップデート版「Digital Performer 10」を発表。オーディオ/MIDIクリップをリアルタイムにトリガー可能なClip Windowの実装など、大量の機能強化が施されている。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧