Command+Eye

ついに解禁された“目玉機能”を米国で検証してみた

Apple Watchの心電図機能は本当に効果があるのか?

文●らいら

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

Apple Watch Series4の目玉機能のひとつである心電図。発表時の説明どおり、計測はとても簡単で、1分とかからずに心臓の正常な拍動をチェックできる。さらに、米国での提供開始後すぐに心疾患の早期発見につながったという男性が現れ、心疾患治療の改善につながるという期待が高まっている。

 

賛否両論の中で

アップルウォッチ・シリーズ4が搭載する心電図機能(ECG/EKG)を利用できるようになった米国では、同機能を使って不整脈の一種である心房細動を見つけられたという報告が相次いでいる。誰でも簡単に利用できる心電図によるトラブルを懸念する声もあるが、まずはポジティブな効果が確認された。

心電図機能は、昨年12月にリリースされたウォッチOS 5・1・2のアップデートで「心電図」アプリが追加されて利用できるようになった。ただし、最初の提供地域はFDA(米食品医薬品局)の認可を受けた米国のみ。日本を含むほかの市場での提供については未定であり、米国において提供地域の拡大につながる成果が挙がるか注目されている。

アップルウォッチを使った心電図の計測はとても簡単だ。「心電図」アプリを起動し、指をアップルウォッチのデジタルクラウンに当てて30秒待つ。心臓の拍動が記録され、正常なリズムであるかが分析される。

米国の死因のトップ3は、心疾患、がん、事故である。その中でがんによる死亡率は1991年をピークに減少し続けているが、それに比べて心疾患の減少は鈍い。そのため、多くの医師や研究者がアップルウォッチの心電図機能搭載を歓迎している。

だが、ウェアラブルデバイスを通じた手軽な心電図計測の影響がどのように及ぶかはまだ定かではない。計測データのちょっとした乱れに人々が強いストレスを感じたり、不要な診察を求める人が増える可能性を心配する声もある。

 

心臓病について知る

アップルもその点を留意しているようで、簡単に心電図をとれるようにする一方で、誤解や誤用を防ぐデザインを徹底している。心電図を使うと、その過程でユーザは心臓病や心電図に関する正しい知識と、心電図機能の使い方を自然と身につけられる。FAQを開く必要はない。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧