プロダクト&リリース iなmono HARDWARE

スムースな4K動画を手軽に撮影「DJI OSMO Pocket」

文●大須賀 淳

高性能カメラとスタビライザが一体化!

iPhoneより小さい!

今もっとも勢いのある映像機器メーカーの1つであるDJIの新製品「オズモ・ポケット(Osmo Pocket)」は、手のひらに収まるコンパクトボディに、モータ動作でブレを抑える3軸電動スタビライザと、最大4K/60Pの動画撮影が行えるカメラを内蔵した新基軸のプロダクトです。

本体には、さまざまなアクセサリを装着できる「ユニバーサルポート」が備わっており、標準で付属するライトニングアダプタを使えば、iPhoneと一体化させて、専用アプリの「DJI Mimo」から撮影や設定のコントロール、ライブや撮影済み映像のプレビューなどが行えます。

本体のディスプレイもタッチ操作対応ですが、iPhoneを併用すると快適度は別格。ライブプレビューの遅れもほんのわずかなので、iPhone内蔵のカメラに強力な手ぶれ補正が加わったような気軽さで使うことができます。

一方、ジャストフィット構造であるがゆえに、iPhoneにケースを装着しているとライトニング端子が挿さらない場合もあり、またカメラ部分の回転半径にぶつかってしまうためiPadにも装着できませんでした。これらの場合も、別売りのワイヤレスアダプタでブルートゥース接続すればアプリを利用できますが、事前に注意しておきましょう。

バッテリは本体に内蔵されており、底面のUSBタイプCポートから充電を行います。複数のバッテリを交換しながらの撮影はできないものの、本体自体が非常にコンパクトなので、モバイルバッテリで給電しながら撮影してもそれほど邪魔に感じません。なお、記録用のマイクロSDカードは別売りで、書き込み速度が15MB/s以上のものが推奨されています。特に4K/60Pなどデータ量の大きなフォーマットで撮影する際は、カードの速度が動作の安定性に大きく関わる場合も多いので、価格よりも性能重視で選んだほうがより安心して利用できます。

 

3軸スタビライザで水平をキープ

  • d0b84da80b41e30606ee40f1ea0281ff.jpg

手のひらに収まるサイズながら、高性能な3軸スタビライザを内蔵。手を左右に振るような動きをしてもしっかり水平をキープし、モータ音も気にならないレベルです。液晶は超小型ながら明るくクリアで、屋外での使用も問題なし。タッチ操作への反応もスムースです。

 

被写体を追うトラック機能

  • 33959980711da3ce2ee92709d1b1777f.jpg

特定の被写体を追尾する「アクティブトラック」をオンにすると、必要以上に手を動かさなくとも的確なフレーミングが可能です。また、「セルフィーモード」にするとカメラが180度反転し、顔を追尾するフェイストラックが自動的にオンになります。

 




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧