レクチャー Macの媚薬

メールメッセージを「断捨離」してMacをスッキリ!

文●栗原亮

Macの裏ワザ、隠しワザ、以外な活用方法など…大声では言えないとっておきの

標準のメールを初期設定で使うとメールボックスがあっという間に肥大化してしまいます。整理整頓するのもよいのですが、いっそ初期化してしまうというのも効果的ですよ!

 

チリも積もれば…

1TBのストレージを持つiPadプロが存在する時代だというのに、我が家のMacBookは256GBと貧弱です。最近、空き容量が少ないという警告がしばしば表示され、作業中に挙動が急に遅くなることもあります。

不要なファイルをこまめに削除してクリーニングしたり、一段落した作業は外付けハードディスクに移動したりして凌いできましたが、ストレージの使用状況を改めて確認すると、[書類]よりも[メール]の占める割合が多いことに気がつきました。

メールは1通ごとのサイズは大きくありませんが、添付ファイルを自動でダウンロードする設定になっていると知らずのうちにメールボックスの容量は肥大化しています。私の場合はなんと70GBもの容量になっていました。

過去のメールをアーカイブして容量を削減するテクニックや、添付ファイル付きメールだけをまとめて削除する方法などがありますが、どの時点より前のメールをアーカイブまたは削除するかを決めるのは意外と難しいものです。なぜなら、何年も前に一度だけやりとりした取引先の情報を調べ直すことがあるからです。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧