Command+Eye

ソニーやサムスンなど大手4社がAppleのAirPlay 2を採用

Appleがテレビメーカーと提携!定額ビデオ配信サービス、始まるか?

文●山下洋一

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

Netflixに対抗するようなビデオ配信サービスをAppleが準備しているという噂がここ数年飛び交っているが、2019年のスタートからAppleが動いた。AirPlay 2のライセンスで、複数のスマートTVメーカーと提携。家電・IT見本市「CES」で、参加していないAppleが今年は強い存在感を示した。

 

エアプレイが今以上に浸透

米ラスベガスで年初に開催された世界最大規模の家電・IT機器の見本市「CES 2019」で、LG、サムスン、ソニー、ビジオがスマートTV製品でアップルの「エアプレイ2(AirPlay 2)」をサポートすると発表した。サムスンは、iTunesストアの映画やテレビ番組にアクセスできるiTunesアプリも提供。ほかのメーカーは、「ホーム」アプリで管理しているホームキット対応のスマート家電を、シリ(Siri)を使ってテレビからコントロールできるようにする。2019年の新モデルからサポートし、サムスンとビジオは昨年と一昨年に発売した一部のモデルでもファームウェア・アップデートを通じて提供する。

エアプレイは、オーディオストリーミングですでに数多くのスピーカに採用されている。エアプレイ2は、同じネットワーク内の複数の対応スピーカのコントロールに対応、そして動画コンテンツのDRM処理をサポートする。ユーザ個人のビデオだけではなく、iTunesストアで購入またはレンタルしたビデオも、iPhone、iPad、Macからエアプレイ2対応デバイスにストリーミングできる。

テレビメーカーへのライセンス提供は、エアプレイ2の新機能に合わせた家電分野における提携戦略の拡大と言える。だが、サムスンにはiTunesを冠したアプリの提供を認める。それがサムスンのみなのか、一定の独占期間を経てからほかのメーカーにも拡がるのか、現時点ではわからないが、同様のケースにはウィンドウズ用のiTunesとアンドロイド用のアップル・ミュージックがある。それぞれPC市場とスマートフォン市場において台数シェアでほかを圧倒する存在だ。それらをサポートすることで、アップル製品ユーザがより多くのデバイスでアップルのサービスを利用できるようになり、非ユーザがアップルのサービスに触れる機会につながっている。サムスンによると、エアプレイ2は約190カ国、iTunesアプリは約100カ国で販売される同社のスマートTVで利用できるようになる。

 

 

  • f8ccfb84ab62c27d450e5f3c89ded92a.jpg

HomeKitはサポートせず、AirPlay 2対応とともに「iTunes Movies and TV Shows」というiTunesストアのビデオ関連のサービスを利用できるアプリを搭載するサムスン。iOSデバイスやMacを使わずに、テレビから直接iTunesストアにアクセスできる。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧