アラカルト ケチの美学

野呂エイシロウの「ケチの美学」第21回

文●野呂エイシロウ

人気放送作家が語るケチとアップルの交差点。

無駄な時間は一秒もない

 

最近、いろいろな物事のやり方を変えた。お風呂の時間は5分。トイレは1分。朝起きてから家を出るまでは20分。その都度、アップルウォッチのストップウォッチで計っている。この原稿は25分で書かなければならない。

そう、すべての事柄に関して時間を制限しているのだ。どうしてか? 自分を発展させるためには、時間が足らないからだ。

これまでボクは一生懸命生きてきたか? どうだろうか? 睡眠時間は6時間半だ。ボクは睡眠時間をすべての中心に置いている。それを踏まえてさらに加速をしたいのだ。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧