レクチャー アカリンのDigital Make Up!

Vol.8 レイヤースタイルを使ってお菓子作りに挑戦!

文●編集部写真●長屋和茂

NMB48・吉田朱里が写真編集・加工を極める!

アイドル業に勤しむ傍ら、美容系YouTuberとしても活躍しているNMB48の“アカリン”こと吉田朱里さん。そんな彼女が写真ソフトを使った編集・加工・合成などにチャレンジ! メイク上手な彼女なら、写真編集だってお手の物!? NMB48公式サイト 【URL】http://www.nmb48.com

ndjuaybebdjleonahesjas00ehe.png

吉田朱里(AKARI YOSHIDA)

1996年8月16日生まれ、大阪府出身。2010年、NMB48の1期生として活動開始。2018年、「第10回AKB48選抜総選挙」では14位を記録、選抜入りを果たした。アイドル業の傍らYouTuberとしても活動中で、動画の総再生数は1億回を突破。ニックネームは「アカリン」。

 

 

 

 

 

 

─今回はフォトショップ上でお菓子作りをしてみたいと思います。作るのはクッキーです。

面白そう! 楽しみです。

─では、まずクッキーのベースを作ってみましょう。「ブラシツール」を選択し、クッキーに近い色で好きな形を描いてみます。ポイントはブラシの硬さを「100」にして輪郭のハッキリした形を描くこと。用意した背景の上にレイヤーを作って描いてみましょう。

描いてみたんですが、ただのベタッとした四角い形があるだけで、全然クッキーっぽくないです…。本当にこれがクッキーになるんですか?

─大丈夫! まずレイヤースタイルの[ベベルとエンボス]を設定しましょう。[構造]のスタイルを[ベベル(内側)]、テクニックを[滑らかに]を使うのがポイントで、[サイズ]で厚みを調整します(1)。[陰影]で[ハイライトのモード]にはベース色より明るい色、[シャドウのモード]には暗い色を指定するのも大事です。

ベースの形が盛り上がってきましたね! でもツルンとした表面でまだクッキーっぽくない…。

─表面をザラッとさせるためには[ベベルとエンボス]のテクスチャを使います。パターンの中からザラッとしたものを選び、[深さ]を「5」に設定しましょう(2)。

こんな使い方もあるんですね。パターンを変えたらいろいろな質感を表現できそうです。

─質感を向上させるために[光彩(内側)]を使い、[構造]の描画モードを[乗算]としてベースより濃いめの色を指定します。すると、ちょっと焼き目がついたイメージになりましたよね。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧