レクチャー となりのアプリ

伊藤俊一郎

「LEBER」アプリで医療の問題に立ち向かう!

文●美崎栄一郎

「iPhone/iPadバカ」でも知られるビジネス書作家・美崎栄一郎氏が、著名人のiPhoneの中身を覗き見!

 

  • b0b69ae50ab3d7c5ba796065607b0826.jpg

見せる人/伊藤俊一郎

医療法人AGRIE理事長。株式会社AGRI CARE代表。株式会社AGREE代表。MED AGRI CLINIC所長。心臓血管外科医として勤務したあと、2015年に茨城県つくばみらい市に在宅療養支援診療所「MED AGRI CLINIC」を開所。同年9月には住宅型有料老人ホーム「アグリケアガーデン」をオープン。【URL】http://www.medagricare.jp/

 

  • ce3d9d4f11c42b3f23a85930624fbaf8.jpg

伊藤俊一郎さんのiPhoneインストールされているアプリ LEBER/Tesla/M2PLUS/Antaa QA/Google Keep

 

 

ヘアスタイルの理由

いつもなら最初にゲストを紹介するのですが、iPhoneの「テスラ(Tesla)」アプリが目に入ってしまい、早速その話で盛り上がってしまいました。電気自動車として有名なテスラですが、アプリを使えばリモートで車のドアやトランクをオープンできるんですね! 初めてテスラに乗っている人にお会いして、のっけから興奮ぎみで、すみません(笑)。

さて、気を取り直して、ゲストの紹介です。今回は、医療法人AGRIEの理事長・伊藤俊一郎さんにお越しいただきました。なかなか独特なルックスですが、お医者さんです。まずは、お医者さんっぽくない、そのヘアスタイルについてお伺いしてみました。

なんでも、外科手術をしていると手術のときに被る帽子で髪の毛がぺったんこになってしまうので、その帽子に負けない髪型にしたかったのだとか。うーん、予想を超えた回答です!

さて、伊藤さんは心臓血管外科手術などをしていた外科医だったのですが、現在は在宅医療を専門に行う医院をいくつも展開されています。つまりお医者さんであり、実業家でもあるのです。

伊藤さんが在宅医療の医院を経営し始めた理由は、医療サービスを受けることができない患者さんや、病院まで行くことが困難な患者さんがたくさんいることに気がついたから。起業後、伊藤さんの医院は評判となり、1つの医院だけで回れる範囲を超えてしまうほどに成長しました。そこで自らの在宅医療のノウハウを展開すべく、医療法人AGRIEグループとして複数の医院を茨城や千葉などに分散させることで、広範囲の患者さんへ医療行為ができるようになったのだそうです。

しかし、お医者さんの数は限られているため、医院の数を増やすにも限界があります。また、根本的な問題として、病気が発症するのは昼間だけではありません。夜間の時間帯に開いている病院は少ないので、医療行為を受けるには、空間的な問題だけでなく、時間的な問題もあります。

その問題に注目した伊藤さんが作ったのが、スマホで医療相談ができる「リーバー(LEBER)」という秀逸なサービスです。

リーバーは24時間365日、気になるときにいつでも相談できます。医療における時間と場所の問題をいっぺんに解決できるのです。どういう仕組みかといいますと、医師免許を持った医師がリーバーに登録されています。登録時に医師免許と身分証明書でダブルチェックするので、本物のお医者さんしか質問に答えません。

一方、アプリを利用するユーザは「膝を怪我した」とか「ここが痛い」といったように症状をスマホで書き込みます。すると、その質問が複数のお医者さんに飛び、専門の人が回答してくれるのです。

相談料は、基本数百円。「医療行為」ではなく「医療相談」ですから、「お医者さんの意見を参考にしてください」ということです。でも、変なところに湿疹が出たり、原因不明の痛みなどの症状が出たりしたときに、ちょっと専門家に聞いてみたくなりますよね。アプリのため写真なども簡単に添付できて、至れり尽くせりです。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧