Command+Eye

完全ワイヤレスイヤフォンの販売シェアNo.1

2年たった今でも販売好調! AirPodsの抗しがたい魔力

文●山下洋一

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

Appleが完全ワイヤレスイヤフォン「AirPods」を発売したのは2016年12月。その人気は今でも衰えることがなく、Apple製品の中でもロングセラーの商品となっている。AirPodsはなぜ2年経った今でも売れ続けているのか、発売以来ヘビーユーザの私がその魅力を深掘りする。

 

  • e7c5549dc5f46ef4ecfcf0bfe5e7d941.jpg

AirPodsを毎日愛用中の私(利用は主に自宅だけれど)。都内では見ない日はないほど、街中でAirPodsを目にする機会が増えてきたと実感する。ちなみに、AirPodsの価格は16,800円(税別)。

 

売れ続けるAirPods

2016年の発表当初、エアポッズ(AirPods)はその白くて細長い個性的なデザインから、「うどん」「チンアナゴ」などといじられていたのを覚えている。

しかし、今では街中の至るところで、エアポッズを装着している人を見かける。私の周囲でも購入した人を何人も知っているし、ロシアW杯では、会場入りする各国の選手の多くがエアポッズを耳につけていた。「うどん」どころかすごくカッコよかった。最近はケースにつけるカバーの種類が増え、おしゃれな楽しみ方も広がってきたように思う。

エアポッズは発売当初、人気のため品薄状態が続いていた。2018年に入っても販売は好調で、5月にはアップルのティム・クックCEOが、直近四半期でエアポッズが過去最高の販売数を記録したことを発表。「信じられないほどの人気」と表現した。

スマートフォンの出荷台数が減少を続けるなか、完全ワイヤレスイヤフォンの売れ行きは好調だ。2018年上半期には、前年比の約7倍の販売数を記録。同年10月の完全ワイヤレスイヤホンの販売台数シェアは、エアポッズが6割近くを占め、2位以下を圧倒的に突き放している。

今やエアポッズはアップル製品の中で、もっとも人気の高いアクセサリとなっている。

 

他の製品には戻れない

なぜエアポッズは、それほどまでに売れ続けているのだろう。iPhoneがイヤフォンジャックを廃止したなど、いくつかの要因は考えられる。しかし、本当の理由はおそらくもっと単純で、製品としての完成度が高いからだ。本体のデザインと同じく、ユーザ体験も徹底してミニマルに設計されている。無駄な操作は一切いらない。おかげで、一度エアポッズを使うと、もう元のワイヤレスイヤフォンには戻れなくなる。そのくらい、エアポッズでの音楽体験はシンプルで最高だ。

たとえば、他社製のワイヤレスイヤフォンを使う場合、接続デバイスを切り替えるには、毎回ブルートゥース(Bluetooth)の設定を開いてペアリングする必要がある。しかし、エアポッズなら、接続したいデバイスのコントロールセンターで、エアポッズを選択するだけで切り替えられる。接続の煩わしさは皆無だ。

デバイスと初めてペアリングするときも、蓋を開けてデバイスに近づけるだけでよい。それ以降はエアポッズの情報がアイクラウドに紐付けられるので、新しい端末でも、アイクラウド(iCloud)にサインインしていれば再ペアリングは不要だ。

W1チップのおかげでバッテリの持ちもいい。1回の充電で5時間再生でき、充電ケースを使用すれば24時間以上持つ。15分の充電で3時間再生できる急速充電にも対応するので、充電の煩わしさに悩まされた記憶がない。今までのワイヤレスイヤフォンで生じていたさまざまな設定や操作が、エアポッズでは徹底的に排除されている。

 

使用前の不安も解消

今は毎日愛用する私も、使用前は落としたり失くしたりする不安があった。しかし、約2年使っていて、勝手に耳から外れた経験は1度もない。手が引っかかって落とすことはあるが、それはどんなイヤフォンでも同じ。iPhone付属のイヤポッズが耳の形状に合いさえすれば、安心して使えるはずだ。

ただ、音量調節だけは面倒くさい。Siriに毎回頼むのも恥ずかしい。そこでアップルウォッチの出番だ。エアポッズのコントローラ代わりとなり、手元で音量調節や選曲ができる。エアポッズとウォッチは、併用するとさらに威力を発揮するのだ。

エアポッズを使う以前と以後では、イヤフォンでの音楽体験がまるっきり変わる。エアポッズが2019年も売れ続ける製品であることは間違いない。

 

AirPodsが人気の理由①  ペアリングが簡単!

蓋を開けるだけでペアリングが始まる

  • 9aa2e7a02e415ab429ad9bc80ba084a2.jpg

ペアリングするには、デバイスのホーム画面を表示し、そのそばでAirPodsのケースの蓋を開ける。すると設定アニメーションがデバイスの画面に表示されるので、[接続]→[完了]をタップするだけ。Androidなど他社製端末に設定するときは、ケースの背面にある設定ボタンを長押ししてペアリングする。

 

iCloudで自動設定

  • 6aaa83d14cced264f944e08d30f302d4.jpg
  • 3927d8d55b52c0535522cf442ea75ae3.jpg
  • d79f0b6ba3bba6db593e797019cb29cc.jpg

同じApple IDでiCloudにサインインしているデバイスなら、AirPodsが自動的に設定される。機種変更後でも再ペアリングが不要なので快適だ。自動ペアリングはiPhone、iPad、iPod touch(iOS 10以降)、Apple Watch(watchOS 3以降)、Mac(macOS Sierra以降)、Apple TV(tvOS 11以降)に対応する。

 

AirPodsが人気の理由② スムースな操作性

タップ操作を設定できる

  • a7013ad09ed806a8c509d8b227b431ca.jpg
  • d4377969e0cb1c998b9e056fddd83b2b.jpg

AirPodsをトントンと2回叩くことで、再生/一時停止や、前後の曲のスキップなどの操作ができる。左右それぞれ操作を設定できるので、私は右で次の曲へスキップ、左で再生/一時停止にしている。iPhoneを取り出さずにすむので楽チン!

 

取り外して一時停止、装着して自動再生

  • 296281b853581b5ed8f8942fb267c408.jpg

AirPodsはケースから取り出すと電源が自動的に入り、耳に装着すると「ポン」と音がしてすぐにAirPodsで聴ける状態になる。片方を外すと音声が一時停止し、そのまま再生すると今度は片耳だけの再生に切り替わる。無駄な操作をすべて省いてくれる優秀なイヤフォンなのだ。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧