Command+Eye

これからiPad Proを買うならこれを読んでから!!

1カ月“酷使”してわかったiPad Proの「是」と「否」

文●山下洋一

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

11月7日に発売開始された第三世代のiPad Proを手にしてから、約1カ月が経った。新しいiPad Proのイイところと、ワルイところはどこなのか。メインデバイスとしてiPadを使ってみて気づいた点をレポートしよう。これから購入しようとしている方の参考になれば幸いだ。

 

変わるべきは「私」

私が第三世代のiPadプロを評価しているのは、〝iPadとして〟大きな進化を遂げたからだ。「何を当たり前のこと言ってるんだ」と思うかもしれない。だけど、iPadプロがPCに近づくのを期待している人のほうがおそらく多い。たとえば、マウスをサポートしたり、PCのようなファイル管理を実現したら喝采を浴びると思う。でも、そうなったら私はiPadプロに見切りをつけたはず。私が求めているのは従来のPCではない、新しいパーソナルコンピュータだからだ。

2016年の夏から、メインデバイスとしてiPadプロを使っている。WEBや本、漫画、映画、テレビ、メール、ツイッターといったコンテンツの消費だけではなく、原稿書きや資料整理、写真の加工といったプロダクティビティにも活用する。

iPadプロは第一世代の頃からモバイルノートPCに迫るパフォーマンスが話題になり、アップルペンシル(Apple Pencil)とスマートキーボード(Smart Keyboard)によって道具としての可能性を広げた。しかし、2年前に私がiPadプロをメインデバイスに据えた大きな理由はiOSアプリだった。当時、インスタグラムのような新しいサービスは「モバイル優先」をキーワードにアプリから始まったからだ。

2016年に9.7インチのiPadプロが登場した際、アップルは「究極のPCの置き換え」とアピールして物議を醸した。私のようなPC世代の視点で言えば、置き換えにはなり得ない。タッチ操作で誰もが簡単に使え、ファイルを意識することなくコンテンツに集中でき、管理の手間がかからないのがiPadの魅力だ。だが、仕事の現場では何でもできる汎用的な道具が求められる。だから、iPadがiPadである限り、PCの完全な代わりにはなり得ない。

けれども、もし自分がモバイル世代だったら仕事の道具にPCを選ぶだろうか。今や、クラウドやWEBサービス、ソーシャルは、PCではなくモバイルアプリから誕生している。いずれミレニアルズはモバイルデバイスを駆使して、PC世代が思いもよらないような方法で仕事をするだろう。モバイル世代に言わせたら、モバイルこそがコンピューティングであり、PCはレガシーだ。いずれPC世代はモバイル世代に取って代わられる。iPadプロにPCというカタチを押しつけている限り、その本当の価値は見えてこないと考えて、iPadプロをメインデバイスとして使ってみることにしたのだ。

乗り換えた当初、プロダクティビティツールとしての基本の「キ」となるファイル管理すらままならず、快適にはほど遠い状況に窮した。だが、悩んだ末にハッと気づいた。そう、自分の仕事のやり方が古いのだ。たとえば、スキャンしたデータを保存して管理しようとすると、iPadではつまづく。そうではなく、データは直接クラウドに送って、必要ならリンクを渡して共有するのがいい。メールにファイルを添付するよりはるかにスマートだ。このように頭を切り替えることができると、数カ月のうちにiPadプロに慣れて、iOSアプリによって可能になるiPadの体験やプロダクティビティを快適に感じるようになった。

iPadのために仕事のやり方を変えるなんて本末転倒と思うかもしれない。でも、この2~3年の変化を思い返してみてほしい。マイクロソフトのオフィス(Office)はクラウドの柔軟性を組み合わせたオフィス365が主流になり、データのURL共有やコラボレーションも一般的になってきた。クリエイティブ分野でも、ライトルームCCがクラウド型のフォトサービスになり、ローカルストレージを用いる従来のツールはライトルーム・クラシックと名づけられている。仕事やモノ作りの方法は、モバイルを前提にして少しずつ変わってきているのだ。

 

さらに明るい未来

「iPadプロはPCの代替になるか」という点で、第三世代のiPadプロに対する評価は分かれる。PC世代に言わせたら、相変わらずファイル操作が苦手でマウスも使えない、中途半端な進化に映るだろう。でも、モバイル世代の視点で見たら、知的生産性やクリエイティブのためのツールとして飛躍的な進化を遂げている。

手元に、iPadプロをメインデバイスとして使ううえで気づいた改善点や強化点を書き出したメモがある。「9.7インチをもう一回り大きく」「カメラを最新のiPhoneと同等に」「内蔵スピーカの強化」「素早いアンロック」「ドラッグ&ドロップ」「もっと機能的なマルチタスク」等々、リストは長く続く。だが、驚くことに、2017年の第二世代モデルで半分近い項目にチェックマークが入り、今回の第三世代のiPadプロでは8割を超えた。「ファイル」アプリのように、要望が実現したけどニーズを充分に満たすほどではないものもある。不満点もまだたくさん残されているが、メインデバイスとしてiPadプロの未来は明るい。

私は今回11インチモデルを購入した。初代の9.7インチiPadから続いてきた進化のマイルストーン到達であり、選択して間違いはない。だが、私が本当に興味を持っているのは12・9インチモデルだ。「タブレット」という言葉が似合う11インチに対して、12・9インチは「コンピュータ」と表現したくなる。

2019年にはiPadに最適化されたフル機能版のフォトショップCCが登場する。iPadにとって、また多くの人にとって、それが大きな転機になるだろう。今以上にiPadプロの役割が拡大するようなら、私も12・9インチを検討したい。アップルは公表していないが、12・9インチの1TBは他のモデルよりも大容量の6GBメモリを搭載しているので、iOSを含めアプリの対応次第では新たな世界が開けてくる。そして、今後はデスクトップPCを使っているワークステーションの領域も、iPadプロで置き代えられるかもしれないと期待に胸を膨らませている。

 

  • 6c2cc871ddea1a087eaa3ca76761339d.jpg

iPad Pro 11月7日 Release

11インチ:8万9800円~、12.9インチ:11万1800円~/Apple Pencil(1万4500円税別)とSmart Keyboard Folio(1万9800円税別~)は別売り

11インチと12.9インチの2つの新モデル、
新しいコンピューティングの始まりだ!

コンテンツを楽しむためのデバイスだったタブレットを、クリエイティブ、知的生産性やビジネスのためのツールに引き上げたiPad Pro。2018年11月7日より発売開始された第三世代の11インチと12.9インチの新モデルは、iPad全体の歴史を見ても最大と呼べる飛躍を遂げた。Liquid Retinaディスプレイを用いたオールスクリーン、1枚の石板のような一体感のあるデザイン、Face IDによる顔認証、テンポよく快適に操作できるマルチタッチジェスチャ、A12X Bionicプロセッサなど、iPhone X世代の最新の技術を惜しみなく投入。それらはすべてiPadに最適化され、さらにインターフェイスにUSB-Cを採用するなど、iOSデバイスの新たな可能性を開く進化を遂げている。次世代のパーソナルコンピュータと呼びたくなるデバイスだ。

 

  • bae63446cb4bb6afe447ec09ac6d1334.jpg

2016年にAppleはiPad Proが「PCの置き換え」になると主張したが、「置き換え」という言葉は誤解も広げたように思う。後にフィル・シラー氏はT3のインタビューで、旅行や映画鑑賞など目的に応じてiPadが「選択」され、そうしたユーザがiPad Proで費やす時間が増えていると補足した。

 

  • 26ed3bc9073693b1d4e0e70c04085523.jpg

Appleは今年10月のスペシャルイベントで、iPad Proに搭載されているA12X Bionicが「過去1年に販売されたポータブルPCの92%よりも高速」とアピール。人々のコンピューティングデバイス選びに一石を投じた。

 

  • 40094e7d27237352b1a6f8cbdc90a6ab.jpg

iPad Proのライバルと目されるMicrosoftの「Surface Pro」も使ってきた。従来型のPCとしては使いやすいが、それ故にユーザの変化を促さない。同じカテゴリーであるようでいて、iPad ProとSurface Proは本質的に異なる。

 

  • 12192a2f61fe6b876f631d265225ffee.jpg

AdobeもPCからiPad Proへ。同社はこれまでデジタルペンを使ったコンピューティングではSurfaceシリーズを熱心にサポートしてきたが、2019年にiPad向けにフル機能版の「Photoshop CC」をリリースする。

 

  • 101d5b16a3f64f1a35ae779a7971f2fe.jpg

iOS 12に追加された自動化ツール「ショートカット」。2017年にAppleが買収した「Workflow」がベースになっているが、Workflowは過去2年間、私のiPad Proでのプロダクティビティ向上を支えてくれた自動化アプリだ。

 

iPad Pro購入の決め手はコレ

◉PCとしてではなく、iPadとして進化を遂げた
◉iPhone X世代の技術を惜しみなく搭載する
◉次世代のコンピューティングを展望するA12X Bionicの搭載
◉Lightningコネクタ改め、USB-Cの採用
◉2019年にiPad用「Photoshop CC」が登場
◉AppleのブレないiPad Pro戦略の素晴らしさ

 

 

iPad Proの○×△

 

1.11インチと12.9インチ、絶妙な2つのサイズ【○】

タブレットの魅力のひとつは、場所を問わず自由に使えること。だが、これまでの9.7インチは机の上に置いて使う距離では画面が小さく、12.9インチは手に持つには重かった。新しいiPad Proの11インチモデルは従来のコンパクトさを保ち、12.9インチは大幅な小型化を果たした。2つのモデルが交わる部分が大きくなって、どちらもオールラウンダーと呼べる仕上がりだ。それでもサイズ選びは悩みの種だが、見方を変えると、新型はどちらを選んでも大きく失敗することはない。

  • 2d62386cb96819b41324221b66a63215.jpg

11インチと12.9インチを並べると大きさの違いは一目瞭然だが、一方を手にしただけでは、どちらのモデルかすぐには判別できない。前世代に比べて、大きなモデルは持ち歩きやすく、小さなモデルは大きな画面で作業しやすくなった。

 

2.フラットで質感の高いデザインにはトレードオフも【△】

背面がフラットで、クラシックモダンと呼びたくなる美しいデザイン。高い質感と緻密な作りはプロを冠するツールにふさわしい素晴らしい出来だ。ただ、MacBook Airのような薄さを感じさせるデザインから、MacBook Proのような重厚感のあるデザインへと変わったため、手にしたときに重量感を覚えるというマイナス効果も。タブレットはより軽く、持ちやすくあってほしいという人にとっては、iPad史上最薄を活かし切れていないデザインとも言える。もちろん、好みは分かれるところだが。

  • 610ffce26523c222afa7356705616fd8.jpg

新iPad Proは厚み5.9ミリとiPad史上最薄。だが、11インチと10.5インチモデルの手に持ったときの印象を比べると、10.5インチのほうが薄くて軽量に感じられる。

 

  • adbaf6effde3334b92f123cbf7767901.jpg

側面をたち落としたシャープなデザインは、iPhoneの快進撃の始まりとなったiPhone 4/5シリーズを彷彿とさせる。同じスペースグレイでも、新iPad Pro (上)は10.5インチモデルよりも深みのあるグレイだ。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧