便利技 他人事Tips

MacのSiriに頼んでiPhoneを探してもらう

文●今淳一

macOS Mojaveでは、Siriに頼んでiPhoneから音を鳴らして探せるようになりました。部屋で見失ったときなどに役立ちますよ。

以前から「iPhoneを探す」機能というものはありました。これは、GPSを使って自分のiPhoneがどこにあるのか、iCloud経由で探せる機能です。



「iPhoneを探す」の具体的な設定は、「設定」アプリの一番上、Apple IDやiCloudの総合管理画面から[iCloud]→[iPhoneを探す]と進んだ先にあります。機能が有効になっていることを確認しましょう。

この「iPhoneを探す」機能のひとつに、紛失したiPhoneが近くにある場合、ほかのデバイスから音を鳴らして探せる機能があります。この機能そのものは、iCloudにログインすることで以前から使えたのですが、Mojaveで強化されたSiriによって、実に手軽に使えるようになったのです。




このように、MacからSiriに「~のiPhoneを探して」や「iPhoneを探して」と声をかけて操作していくことで、iPhoneがアラート音を再生します。Apple IDによる紐付けが前提となる機能ですが、室内でiPhoneが行方不明になったとき、Macに一声かけるとどこにあるかわかる、というのは手軽かつ便利といえるでしょう。ぜひご活用ください。



おすすめの記事一覧