特集

新しいインターフェイスは使い道が幅広い

文●海老原昭中村朝美松山茂写真●黒田彰apple.comifixit.com

買い替えを考えているユーザにとっては、新モデルに手持ちの周辺機器が接続できるのか気になるところだろう。ここでは外部インターフェイスについて詳しく解説していく。

【OVERVIEW】最新モデルにふさわしいポートがずらっと並ぶ

時代はサンダーボルト

新Macミニのインターフェイスで注目すべきは、新たに4つのサンダーボルト3(USB-C)が搭載されたことだ。このサンダーボルト3によって、従来より格段に速いデータ転送が行えるほか、最大2台までの4Kディスプレイ出力、GPU性能を強化するeGPU接続も可能になった。前モデルでは4つあったUSB 3.0が新モデルで2つに減少したことを考えると、いよいよ本格的にサンダーボルト3の時代に突入するのだという実感が湧いてくる。

また、HDMIポートはよりリフレッシュレートの速いHDMI 2.0に対応。さらにCTOオプションを用いれば、ギガビットイーサネットを10ギガビットイーサネットに変更可能になるなど、次世代の技術をふんだんに採用した形となった。

一方、そのほかのインターフェイスは淘汰が進み、光デジタルオーディオ、SDXCカードスロットもなくなった。とはいえ、SDXCカードは背面の排気口が大きくなったことであぶれてしまっただけとの見方もできる。アップルがSDXCカードを完全に見限ったと考えるのは早計といえる。

 

前モデルとの背面比較

  • cf5a01e3d8b04e2fb35deaa4e7ad3d6b.jpg
  • d242610ff386bd554606901862f8a032.jpg

(1)電源ポート/(2)ギガビットEthernet/(3)Thunderbolt 3(USB-C)/(4)HDMI/(5)USB 3.0(USB-A)/(6)ヘッドフォンジャック/(7)Thunderbolt 2/(8)オーディオライン入力/(9)SDXCカードスロット

新旧モデルの背面インターフェイスを比べてみるとその変化は一目瞭然。前モデルでは4つあったUSB-Aポートが新モデルでは2つになり、2つあったThunderbolt 2が4つのThunderbolt 3へと進化している。今後のMacはUSB-Cがメインストリームになっていくのだろう。また、そのほかのポートも取捨選択がなされ、時代に合ったものへと一新された。

 

  • 8ce5c9f19380376c063a280a22b7a733.jpg
  • 48fd402fc7a65e500d8841b4750fc66f.jpg



続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

底を開けてみると内部は驚きの構造だった!
新Mac miniのメモリやSSDを自分で増やしたいというユーザは多いはず。そこで実際に底面カバーを開けて解剖を敢行。内部構造はどうなっているのか検証した。

<<

「新Mac mini 圧巻の進化」の目次