特集

基礎知識から気になるポイントまですべてを深掘り!

オールアバウト 新Mac mini

文●海老原昭中村朝美松山茂写真●黒田彰apple.comifixit.com

満を持して登場した最新モデルは、具体的にどこが進化しているのか。デザイン、マシン性能、内部構造など、その中身を詳しくチェックしていこう。

同じ形で中身を一新

上のスペック表を見てもわかるように、新Macミニは前モデルと比べて飛躍的な進化を遂げている。プロセッサは前モデルのデュアルコアから、クアッドコアないしは6コアへとパワーアップ。オプションで増設できる最大メモリは16GBから64GBに一気に増大し、ストレージはハードディスクやフュージョンドライブに替わって、標準でPCIeベースのSSDとなった。

また、これまでサンダーボルトとHDMIを併用して最大2台のディスプレイを接続できたビデオ出力は、サンダーボルト3を備えたことで最大3台までの同時接続が可能となった。解像度は5Kに対応しているので、最新の高精細ディスプレイを使った環境も実現できる。

背面インターフェイスの中心的存在は、4つのUSB 3.0から、さまざまな用途に対応する4つのサンダーボルト3(USB-C)に世代交代。ネットワーク用のギガビットイーサネットも、新モデルならオプションで10ギガビットイーサネットに変更できるようになり、プロユースとしての拡張性を持ったマシンに生まれ変わった。

  • 09eeaf6d05608325e27b9629156bea08.jpg
  • f129ed08037f96bec227e575eba0d33b.jpg



続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

Mac mini 進化の歴史とその価値
ここ最近は影の薄い存在だったMac mini。前モデルが登場したのは実に4年前と、スペック的にも非力な状態だった。最新モデルに触れる前に、これまでどう進化してきたのかデザインと...

<<

「新Mac mini 圧巻の進化」の目次