レクチャー アカリンのDigital Make Up!

Vol.7 レイヤー効果を上手に使ってメタリックなロゴを作ろう!

文●中原一雄写真・監修●中原一雄

NMB48・吉田朱里が写真編集・加工を極める!

アイドル業に勤しむ傍ら、美容系YouTuberとしても活躍しているNMB48の“アカリン”こと吉田朱里さん。そんな彼女が写真ソフトを使った編集・加工・合成などにチャレンジ! メイク上手な彼女なら、写真編集だってお手の物!? NMB48公式サイト 【URL】http://www.nmb48.com

718ba3e7b42628c330d09b41a5937735.jpg

吉田朱里(AKARI YOSHIDA)

1996年8月16日生まれ、大阪府出身。2010年、NMB48の1期生として活動開始。2018年、「第10回AKB48選抜総選挙」では14位を記録、選抜入りを果たした。アイドル業の傍らYouTuberとしても活動中で、動画の総再生数は1億回を突破。ニックネームは「アカリン」。

 

 

 

 

 

 

─前回まではずっと写真をメインとしたレタッチをやってきましたが、今回はロゴ作成をやってみたいと思います。

おー! 前からやってみたいと思ってたんです!

─ロゴを作るにはいろいろな方法があるのですが、今回はベタ打ちの普通の文字から、レイヤー効果を活用しながらリッチなロゴを作ってみたいと思います。

レイヤー効果は、今までも文字に影や輪郭を付けるときに使っていた機能ですよね。

─そうです。今回は今まで使わなかった項目も使いながら、メタリックでキラキラしたロゴを作ってみましょう。まずは、背景の上に好きな文字レイヤーを作ります。文字の色は白にしておきましょう。フォントはあとでも変更できますが、筆記体のような文字がおすすめです(1)。

では、私の名前をキラッとさせてみようと思います!

─さぁここからが今日のメイン工程です。文字レイヤーをダブルクリックするか、右クリックして[レイヤー効果]を選択し、レイヤースタイルダイアログボックスを表示させます。おなじみの「輪郭」や「ドロップシャドウ」も並んでいますが、今日ははじめに「ベベルとエンボス」を使います。ベベルとエンボスをうまく使うと文字を立体的な質感に仕上げることができます(2)。

なんだか項目が多くて難しそうですね。項目の名前の意味すら分からないものがたくさんあります…。

─確かに、ベベルとエンボスは何をどう設定して良いかわかりづらいと思います。設定すべき項目も多いので、まずは私がおすすめする設定値を上から順番に入力していってみましょう。それができたら、各項目を好みに応じて微調整してみるのがいいですよ。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧